IT・プログラミング雑学

VBAとマクロの違いとは?VBやVBEとの関連も現役エンジニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。いわゆる表計算ソフトウェアで耳にする「VBA」と「マクロ」。
どちらも手動での操作を自動化できる便利な機能だが、何が違うのかわからない人も多いはずだ。
この2つの違いについて、今回は現役エンジニアのおおつけと一緒に解説していくぞ!

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/おおつけ

現役システムエンジニア兼ライター。知らない言葉は徹底的に調べるクセがあり、独自の単語帳を作っている。日々たくわえた広い知識を、わかりやすく紹介していく。

VBAとマクロの違い

image by iStockphoto

Microsoft社のOfficeシリーズはみなさんも使ったことがあるかと思います。世界中で高いシェアを誇る業務用ソフトウェアシリーズですね。そのOfficeシリーズでも特に有名な表計算ソフトウェアがExcel。今回はそのExcelの操作を自動化するという意味で用いられることが多い「VBA」と「マクロ」の違いについて解説します。

VBA:Microsoft Officeの拡張機能の一つ

「VBA」は「Visual Basic for Applications」の略で、Officeに含まれている拡張機能の1つです。Office使用時の業務効率をあげるため、自動化したい処理を記述することができます。Office用のためExcelだけでなく、WordやAccess、Powerpointといった他のOffieソフトウェアでも使用可能です。

マクロ:操作を自動化する機能

「マクロ」は「VBA」よりもっと広い概念で、あらかじめ決めた処理を自動で実行できる機能の総称です。Officeだけでなく、Googleスプレッドシートといった他社製品においても「マクロ」という言葉は使えます。「マクロを組む」という表現は、自動実行処理を設定してことを意味しているんです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「VBA」はOffice製品の拡張機能という限定的な意味。それに対し処理を自動で実行できる機能の総称である「マクロ」はもっと広い意味を持っているんだな。

VBAに似た言葉、VBとVBEって?

image by iStockphoto

「VBA」と「マクロ」の意味の違いをおわかりいただけたかと思います。ところでみなさんは「VB」や「VBE」という言葉を聞いたことはありませんか?こちらもExcelでよく使われる言葉です。ここでは「VBA」との関連を踏まえて解説していきます。

\次のページで「VB:プログラミング言語の一つ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: