雑学

ウイスキーとハイボールの違いは何?飲み方やおすすめのアレンジ方法もお酒好きライターが詳しくわかりやすく解説

今回はウイスキーとハイボールの違いについてみていきます。ウイスキーとハイボール、どちらも酒なのは知ってるだろ?ハイボールのCMで「ウイスキー」って言ってるし、同じ種類っぽいのもわかるよな。ウイスキーの飲み方のひとつがハイボールなのですが、飲み方の種類って結構たくさんあるんです。そこで今回は酒好きライターの早坂佳歩と一緒に、ウイスキーの飲み方やアレンジ方法、似たような酒との違いまで徹底的に解説していきます。

ライター/早坂佳歩

会計事務所に勤務しながら副業webライターとして活動している。好きなお酒はビールとウイスキー。自身の飲兵衛経歴を活かし、おすすめも交えながら解説していく。

ウイスキーとは

ウイスキーというお酒はよく知られていますね。穀物から作る蒸留酒のことで、きれいな琥珀色をしていて、燻製されたような香りがします。ビールを蒸留して熟成させたもの、と言うとわかりやすいでしょうか。まずはウイスキーの詳しい造り方からみていきましょう。

ウイスキーの造り方

image by iStockphoto

ウイスキーの原料は穀物で、小麦・ライ麦・トウモロコシなどを使う「グレーンウイスキー」と、大麦を使う「モルトウイスキー」があります。原料と水を混ぜ合わせる仕込み、アルコールを発生させる発酵、アルコール濃度を65〜70度まで高める蒸留、樽で寝かせる熟成、という長い工程を経て、ウイスキーの出来上がりです。

ビールの醸造が2〜3ヶ月に対し、ウイスキーは3〜10年以上かけて造られます。熟成後はアルコール度数を40〜45度ほどに調整して出荷され、ようやくお店に並ぶのです。

5大ウイスキーって何?

「5大ウイスキー」とは、世界中で生産量が多い5つの地域で造られたウイスキーのことです。穀物の産地であること、良質な水が豊富であること、涼しい土地柄であることが、5大ウイスキーの産地の特徴となります。次の5つが、5大ウイスキーの産地と種類です。

\次のページで「ハイボールはウイスキーの飲み方のひとつ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: