趣味雑学

3分でわかるウクレレとギターの違い!見た目や音・構造の違いを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

ウクレレとギターはどんな音楽に使われる?

ウクレレとギターはどのような音楽に使われるのでしょうか。この章では、双方の音楽の違いを紹介します。それぞれの楽器に合う音楽のジャンルが分かりますよ。楽器の購入を検討している方は必見の内容です。詳しく見ていきましょう。

ハワイアンやアコースティックな音楽

ウクレレとギターは、さまざまな音楽を演奏できます。ウクレレの定番はハワイアンですが、POPSの曲も演奏可能です。ギターはアコースティックやロック、クラシックなど種類によって異なります。どんな音楽を演奏したいかで、種類を選びましょう。

ウクレレとギターの違いはサイズ

ウクレレとギターの違いはサイズです。ウクレレは4弦で、小ぶりのサイズになります。ギターは6弦で、ウクレレよりもサイズが大きいのが特徴です。ウクレレは繊細な音で、ギターはシャリーンやジャーンといった音がします。

1 2 3 4
Share: