趣味雑学

3分でわかるウクレレとギターの違い!見た目や音・構造の違いを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

ウクレレ:軽い音

ウクレレの音は、軽い音がします。演奏の仕方で多少変わりますが、オルゴールのようなポロンポロンという音です。ハワイを思わせるような、陽気な音を楽しめます。心地良い音が出ることから、世界中で愛されている楽器です。

ギター:軽い音から重めの音

ギターは軽い音から重めの音が出ます。ギターの種類や木材によって音が異なりますが、シャリーンやジャーンという音が特徴です。どのような音を出したいかでギターを選べます。まずは楽器店で試奏するのがおすすめです。

違いその3:構造

ウクレレとギターの作りは、どのように違うのでしょうか。この章では、双方の構造の違いを紹介します。弦の本数や素材などが分かりますよ。楽器は購入したものの、どの弦を購入してよいのか迷っている方は参考にしていただけるでしょう。

ウクレレ:4弦

ウクレレの構造は4弦で、基本的にナイロン弦を使います。ギターよりも弦を押さえやすく、演奏するのにあまり力がいりません。ギターとウクレレはよく似ていますが、少しずつ構造に違いがあります。ギターよりシンプルな構造でありますが、知っていくと奥の深い楽器です。

ギター:6弦

ギターの構造は6弦です。ギターの種類や演奏のジャンルによって、弦の種類が異なります。6弦なのでウクレレよりも音が多いですが、弦を押さえるのにコツが必要です。また、ギターは和音を鳴らしやすい構造になっています。

\次のページで「ウクレレとギターはどんな音楽に使われる?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: