趣味雑学

3分でわかるウクレレとギターの違い!見た目や音・構造の違いを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

違いその1:見た目

image by iStockphoto

ウクレレとギターは似ているといわれますが、どのような違いがあるのでしょうか。この章では、双方の見た目の違いを紹介します。見分け方や、違いによってどのようなメリットがあるのか分かりますよ。詳しく見ていきましょう。

ウクレレ:小さい

ウクレレの見た目は、小さいギターのようです。ギター同様ひょうたんの形をしています。軽量で持ち運びがしやすく、お子様からご高齢者まで楽しめる楽器です。また、デザインやカラーがさまざまなので、楽器を選ぶのも楽しみの1つになるでしょう。

ギター:大きい

ギターはウクレレよりも大きい見た目をしています。そのため、持ち運びはウクレレと比べると多少かさばるかもしれません。また、軽量ですがウクレレよりは重さがあります。デザインやカラーはウクレレ同様、さまざまです。

違いその2:音

image by iStockphoto

ウクレレとギターはどのような音がするのでしょうか。この章では、双方の音の違いを紹介します。魅力的な音であることや、種類によって音が異なることが分かりますよ。演奏したい楽曲が決まっている方は、必見の内容です。

\次のページで「ウクレレ:軽い音」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: