趣味雑学

3分でわかるウクレレとギターの違い!見た目や音・構造の違いを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではウクレレとギターの違いについてみていくぞ。2つともどちらもさまざまな曲を演奏できたり、多くの人に愛されていたりする楽器のイメージがあるよな。違いはずばりサイズのようだが、見た目・音・構造が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんな音楽に欠かせない楽器の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かして雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりウクレレとギターの違いは?

image by iStockphoto

ウクレレとギターはどのような違いがあるのでしょうか。はじめにざっくりと双方の違いを紹介します。特徴や種類などが分かりますよ。何か楽器を始めたいと思われている方は、必見の内容です。一緒に見ていきましょう。

ウクレレ:小さなギターのような楽器

ウクレレは、小さなギターのような楽器です。ギターよりも小ぶりなので抱えやすく、演奏しやすいでしょう。ウクレレの弦はナイロン弦やフロロカーボン弦などで、ギターよりも繊細な音です。ハワイを代表する楽器として、世界中で愛されています。

ギター:ひょうたん型の楽器

ギターは弦楽器の一種で、ひょうたんの形をしています。基本的に木材で作られていて、用いられる材料によって音が異なるのが特徴です。また、ギターはアコースティックやクラシック、エレキといった3種類に分けられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: