雑学

3分で分かる!鍛造加工とプレス加工の違いとは?加工方法や製品例も雑学マニアがわかりやすく解説

違いその1:特徴

image by iStockphoto

それでは、鍛造加工とプレス加工にそれぞれどのような特徴があるのかを一緒に見ていきましょう。

鍛造加工:完全受注生産向け

鍛造加工は溶けた金属をハンマーなどで叩いて成形していく技術で、質の高い製品を作成することに向いていますが、その反面作れる数に限りがあるものもあります。そのような背景から鍛造加工は完全受注生産に向いている加工方法と言えるでしょう。

プレス加工:大量生産向け

プレス加工は金型さえ用意できればどんどん成形することができます。プレス加工の生産スピードは1度のプレスにかかる時間はおよそ2,3秒という驚異的な速度です。そのため、プレス加工は大量生産に向いている加工方法といえるでしょう。

違いその2:メリット

続いては、鍛造加工とプレス加工のメリットをご紹介していきます。鍛造加工とプレス加工ではどのような違いがあるのか一緒に見ていきましょう。

鍛造加工:品質が高い物を作れる

鍛造加工は熱した金属を叩いて成形するため、強度が高く耐久性に優れた製品を製造することができるのが一番の特徴です。それ以外にも素材に溶けた金属を使用することから、厚みのある部品なども作ることができます。

プレス加工:複雑の形のものも作れる

プレス加工では薄い金属を使用し金型の形をそのまま成形する加工法ですが、言い換えればプレス加工で生産できるものの金型の形に左右されるということ。そのため金型さえ用意できればどんな形状のものでも作ることができる特徴を持っています。

\次のページで「鍛造加工とプレス加工で何が作れるの?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: