雑学

3分で分かる!鍛造加工とプレス加工の違いとは?加工方法や製品例も雑学マニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今回は鍛造加工とプレス加工の違いについて紹介していくぞ。鍛造加工とプレス加工はどちらも金型を使った加工方法ってイメージがあるよな?だが鍛造加工とプレス加工の仕組みをよくみてみると、製造方法などに違いがあることが分かったぞ。鍛造加工とプレス加工がどういう加工方法なのか、この2つの技術が生み出したものが日常生活にどう関わっているのかを雑学コレクターのモトキと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/モトキ

月20冊以上の本に目を通す雑学コレクター兼ライター。日頃より培った知識とその情報取集力を活かして分かりやすく情報を伝えていく。

そもそも鍛造加工とプレス加工とは?

image by iStockphoto

鍛造加工とプレス加工は私たちの生活の中で必要不可欠な生産技術でありますが、そもそも鍛造加工とプレス加工のことを初めて聞くという方も多いと思います。今回はそんな鍛造加工とプレス加工はどういった加工方法なのか。鍛造加工とプレス加工の違いについてご紹介していきます。

鍛造加工:溶けた金属を叩いて加工する

鍛造加工(たんぞうかこう)とは鍛造という名前のとおり金属を叩いて鍛え上げ強度の高い製品を生み出す加工方法のこと。高温で熱し溶けた金属や柔らかくなった金属を使用し、それらの金属をハンマーで叩いたり金型で押しこんだりして成形していく加工技術です。わかりやすい例でいうと、鍛冶屋などをイメージしてもらうとより親しみが湧くのではないでしょうか。

鍛造加工には、機械を使用した型打ち鍛造職人の手作業で作られる自由鍛造の2種類がありますので押さえておきましょう。

プレス加工:薄い金属を金型で挟んで加工する

プレス加工では薄い金属を加工しますが、その方法は2枚の金型で挟挟み圧力を加えることで金型の形を複写していく加工方法です。プレス加工という名の通り挟んで成形する技術でありますが、プレス加工では押しつぶす以外にも切断したり金属を曲げたりすることもできます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

鍛造加工とプレス加工はどちらも金型を使っているせいで違いが分かりづらいが、使用する金属や金属を加工の仕方に違いがあることが分かったな。次章からはこの鍛造加工とプレス加工の特徴やそれぞれのメリットはなんなのかを紹介していくぞ。

\次のページで「違いその1:特徴」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: