雑学

エレキギターのテレキャスとストラトの違いとは?初心者にはどっちがおすすめ?音の違いや構造も元バンドマンがわかりやすく解説

ストラト:トーン2個+マスターボリューム+5点式セレクター

image by iStockphoto

ストラトはピックアップが多い分、コントロールも増えます。ネック側のピックアップに繋がっているフロントトーン、真ん中のピックアップに繋がっているセンタートーン、すべてのピックアップと連動しているマスターボリュームセレクターがありますが、使い方はテレキャスと変わりません。

ピックアップの組み合わせ方が5通りになるので、音の幅も広がりますね。

違いその4:ブリッジ

ブリッジとは、ボディ側で弦を固定している部分のことです。エレキギターでは比較的交換が簡単で、ブリッジによって音も変化します。

テレキャス:ブリッジプレート

image by iStockphoto

テレキャスのブリッジはプレート状でボディに固定されています。ボディの裏側から弦を通すことで弦の振動が直接ボディに響き、「テレキャスらしい音」を出す重要なパーツです。テレキャス=金属プレートといった見た目のイメージもありますね。

ストラト:トレモロユニット

ストラトにはトレモロユニット(シンクロナイズドトレモロブリッジ)という、弦がボディから浮くかたちになるブリッジがついています。ユニットと繋がっているアームを揺らすと音も揺れて、ビブラートのような表現も可能です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ギター本体についているものにも違いがあるんだな。こうして見るとストラトの方がいろいろと操作できそうだが、テレキャスにしか出せない独特な音もあるのか。

テレキャスとストラトの向いているジャンルは?

造りの違いもだいぶわかってきましたね。ではそれぞれのギターはどんなジャンルに適しているでしょうか。

\次のページで「テレキャス:ジャズやブルース」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: