趣味雑学

3分でわかるシンセサイザーとキーボードの違い!見た目や機能・代表的な音の違いも雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではシンセサイザーとキーボードの違いについてみていきます。2つともどちらもライブで使ったり、曲作りで使ったりするイメージがあるよな。違いはずばり機能のようですが、他にも見た目や代表的な音が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんな楽器演奏に欠かせないシンセサイザーとキーボードの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かして雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりシンセサイザーとキーボードの違いとは?

image by iStockphoto

シンセサイザーはキーボードとどのような違いがあるのでしょうか。はじめにざっくり違いを紹介します。見た目や特徴について分かりますよ。これからバンドや曲作りをはじめる方は必見の内容です。一緒に見ていきましょう。

シンセサイザー:電子楽器

シンセサイザーは電子楽器で、合成するという意味です。電子回路を用いて、あらゆる音やリズムを合成します。つまり、音作りができるキーボードということです。また、鍵盤が備わっているため見た目はキーボードと似ています。

キーボード:鍵盤楽器

キーボードは鍵盤楽器です。ピアノと同じように、触っただけで音が出ます。キーボードの最大同時発音数は、64~124音が主流です。ポピュラー音楽でよく使われる楽器で、シンセサイザーよりは馴染みがあるかもしれません。

違いその1:見た目

image by iStockphoto

シンセサイザーとキーボードは、見分けられるのでしょうか。この章では、双方の見た目の違いを紹介します。見た目の特徴や、カラー展開について分かりますよ。デザイン性を重視されている方は必見の内容です。詳しく見ていきましょう。

シンセサイザー:スイッチャーが多い

シンセサイザーの見た目はスイッチが多く、機械的なイメージです。はじめてシンセサイザーを見ると、スイッチの多さに驚きます。サイズは小さいものが多く、カラーはさまざまです。スイッチの多さでシンセサイザーか、キーボードが見分けられるでしょう。

\次のページで「キーボード:鍵盤がメイン」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: