雑学食べ物・飲み物

3分でわかる卵豆腐と茶碗蒸しの違い!味や材料・作り方などの違いを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では卵豆腐と茶碗蒸しの違いについてみていくぞ。2つともどちらも日本料理で、優しい味わいのするイメージがあるよな。違いはずばり具材のようだが、他にも味や作り方が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんな和食に欠かせない料理の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かして雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり卵豆腐と茶碗蒸しの違いは?

image by iStockphoto

卵豆腐と茶碗蒸しはどのような違いがあるのでしょうか。はじめにざっくり違いを紹介します。それぞれの特徴について分かりますよ。日本料理が好きな方や、料理が趣味な方は必見の内容です。一緒に見ていきましょう。

卵豆腐:何も入れず蒸し固めた料理

卵豆腐は何も入れずに蒸し固めた日本料理です。出汁と卵を混ぜて、四角い容器に入れて蒸します。卵豆腐と呼ばれていますが、大豆やにがりは使用していません。また、茶碗蒸しよりも固めな食感で、さっぱりとした優しい食感です。

茶碗蒸し:具材を入れて蒸し固めた料理

茶碗蒸しは具材を入れて蒸し固めた日本料理で、寿司屋でよく見かけます。代表的な具材は鶏肉やしいたけ、三つ葉などです。茶碗に具材と卵、出汁を入れて蒸します。優しい味わいで、お吸い物替わりとして食べられることがあるのが特徴です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

卵豆腐と茶碗蒸しの見た目は少し違う!卵豆腐は四角い形をしていて、具材が何も入っていないのでシンプルな見た目をしている。茶碗蒸しは容器に入っていて、具材が色とりどりで華やかだ。見た目に違いがあるので、見分けるのは簡単だろう!

違いその1:味

image by iStockphoto

卵豆腐と茶碗蒸しはよく似た味ですが、違いはあるのでしょうか。この章では、双方の味の違いを紹介します。何の食材の味がするのか、どのような味わいなのかなどが分かりますよ。優しい味わいを楽しみたいという方は必見の内容です。

\次のページで「卵豆腐:卵と出汁の味」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: