雑学

3分で簡単体脂肪率とBMIの違い!計算方法や理想的な数値も健康オタクがわかりやすく解説

体脂肪率とBMIでわかる6つの体型タイプ

image by iStockphoto

これまで紹介してきた体脂肪率とBMIで算出した数値を活用すれば、6つの体型タイプに分けることができます。それぞれの体型タイプと、それに伴う体脂肪率とBMIの特徴も合わせてみていきましょう。

・かくれ肥満体型:体脂肪は高い数値であるがBMIは普通の数値。
・痩せ体型:体脂肪とBMIがどちらも低い数値。
・標準体型:体脂肪率とBMIがどちらも普通の数値。
・ぽっちゃり体型:体脂肪率とBMIがやや高い数値。
・肥満体型:体脂肪率とBMIがどちらも高い数値。
・筋肉太り体型:体脂肪率は低い数値だが、BMIは高い数値。

体型が気になってきた際には、一度体脂肪率やBMIで数値を算出してみて、上記の体型タイプに当てはめてみてください。そうすることで憶測ではない正確な自身の状況を知ることができる方法になっているためおすすめです。

体脂肪率とBMIは目安として使おう

「ちょっと太りすぎたかな…」と思ってもすぐにダイエットや運動などを始めるのではなく、今回紹介した体脂肪率やBMIを用いて一度自身の体型がどこに位置しているのかを調べてみてください。もしかしたら太り過ぎと自身で思っていたとしても、数値的には問題はなく実は思い込みだったなんてこともあるかもしれません。

1 2 3 4
Share: