雑学

オーディオインターフェイスとミキサーの違いとは?機能や使い方・併用方法も元バンドマンがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。この記事ではオーディオインターフェイスとミキサーの違いについてみていくぞ。音楽をやっていると耳にすることも多い、オーディオインターフェイスとミキサー。録音や編集に使うイメージだよな。だが、なんだか使い方が難しそうだし、違いもよく理解していないんじゃないか?
今回はバンドで楽曲制作経験のあるwebライターの早坂佳歩を呼んだ。用途の違いや使い方まで、徹底的に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/早坂佳歩

会計事務所に勤務しながら、副業webライターとして活動している。バンドを組んでいたこともあり、自身で作詞・作曲・編曲も手がけている。音楽経験を活かし、専門的な知識をわかりやすく解説していく。

オーディオインターフェイスとミキサーは何が違う?

image by iStockphoto

オーディオインターフェイスとミキサーの機能がどちらも搭載されている機器もありますが、個々は全くの別物です。オーディオインターフェイスは音源をデジタル化してパソコンに取り込むもの、ミキサーは複数の音源を混ぜ合わせるものになります。それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう。

オーディオインターフェイスとは

image by iStockphoto

オーディオインターフェイスを直訳すると、「オーディオ」=「音声」、「インターフェイス」=「接点」となります。つまり、音の接続部分。オーディオインターフェイスは音源とパソコンの架け橋ということですね。

オーディオインターフェイスでできること

音楽制作をパソコンで行う場合、ソフトで使用できる音源データが必要となります。ただ、マイクや楽器を直接パソコンに繋ぐことはできません。パソコンについているマイクで録音することも可能ですが、音のズレが生じたり、ノイズが入ったりと、問題が多々起こります。そこでオーディオインターフェイスの出番です。オーディオインターフェイスは、マイクや楽器のアナログ音声信号をデジタル信号に変換して、パソコンへ送ることができます。音のズレなどの問題も解決でき、高音質な音源データを作れるのです。

また、パソコンのマイクが1つしかついていないのに対し、オーディオインターフェイスは様々な入出力のタイプがあります。ドラム録りではマイク入力の多いものを、宅録メインの場合は最低限の入出力のものといったように、用途に併せて選べるのも嬉しいですね。

オーディオインターフェイスの使い方

入力は「マイク・楽器→オーディオインターフェイス→パソコン」、出力は「パソコン→オーディオインターフェイス→ヘッドホン・スピーカー」という順番で繋ぎます。

パソコンとオーディオインターフェイスの接続では、USBケーブルを使うことが多いです。入力の際、マイクはXLR端子へ、ギターやベースはLINE入力用端子へ繋ぎましょう。また、パソコンの音をヘッドホンへ出力する場合はPHONS端子を、スピーカーの場合はOUTPUTSチャンネルを使用します。スピーカーは左右別々の出力で、モノラルケーブルが2本必要となるので注意しましょう。

このようにすべて繋ぐと、パソコンの音源を聞きながら録音をすることができます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

歌手がヘッドホンをしながら録音している映像をテレビで見たことがあるが、こういう仕組みだったんだな。パソコンから音楽を出して、パソコンへ歌を入れる。その架け橋になるのがオーディオインターフェイスだったんだ。

ミキサーとは

image by iStockphoto

ミキサーを直訳すると「かき混ぜる」。その名の通り、音を混ぜるためのものです。ミキサーは音楽スタジオでよく見かけますよね。ボーカルがマイクを繋いでいる、あの機材のことです。

ミキサーでできること

ミキサーは複数の音声のバランスをまとめて聞きやすい音に調節し、出力するためのものです。ハウリングを防止したり、機種によってはエフェクトをかけたりすることもできます。ライブハウスのPAが使っているもの、と言うとイメージしやすいでしょうか。

バンドでライブをやるとして、マイク・ギター・ベース・ドラムはそれぞれ別のマイクやアンプで音を出しますよね。それらの音を混ぜてひとまとめにしてスピーカーから出すのが、ミキサーの役割です。

ミキサーの使い方

ミキサーを使うときは「複数の音源→ミキサー→アンプ・スピーカー」という接続となります。ミキサーにはツマミや端子がいっぱいあって難しそうに見えますが、仕組みを知ってしまえば操作は簡単にできるのです。

音楽スタジオによくあるアナログミキサーを例にみていきましょう。まずはインプット端子ミキサーの上部にあることが多いです。ここに入力したいマイクや楽器を繋ぎます。インプット端子の下に並んでいるのが、音の調節に使用するツマミです。インプット端子とツマミの縦1列がセットになっていて、大きなミキサーだとそれが横に何セットも並んでいます。

ミキサーの右下にあるのがマスターフェーダーです。ミックスした音のボリュームを一括で操作できます。マスターフェーダーを上げなければ音は何も鳴りません。そしてミキサーの右上にあるアウトプット端子からケーブルでアンプへ繋げば、出力ができます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

音を混ぜるのがミキサーか。繋いで音が出れば、あとは自分の求める音に向かって調整していけばいいんだよな。少しツマミをいじっただけで音が変わっていく…音作りって、奥が深いな。

オーディオインターフェイスとミキサーは併用できる?

オーディオインターフェイスとミキサーは、一緒に使うことができます。どのように使うかによって繋ぐ順番は変わりますが、何を入力して何を出力するのかがきちんとわかれば、接続も簡単になりますよ。

\次のページで「オーディオインターフェイスとミキサーの接続方法」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: