雑学食べ物・飲み物

スキレットと鉄フライパンの違いは?特徴やメリット・デメリットまで料理好きライターが詳しくわかりやすく解説

(1)煙が出るまでスキレットを空炊きする。
(2)底の半分ほど油を入れて加熱する。
(3)スキレットを傾けて回しながら、内側全体に油を馴染ませる。
(4)残っている油を保存容器(油ポット)などに戻す。
(5)新たに油を少し入れて再び加熱する。
(6)油に火が通ったら、野菜クズなどを炒めて油の馴染み具合を整える。

(2)調理前:油返しで焦げ付きを防止

シーズニングが完了したスキレットでも、さらに焦げ付きを防ぐため、調理前は油返しという作業を行ってください。スキレットを余熱し、多めに油を入れて強めの火力で熱を通しましょう。

このとき煙が出るほど熱してしまうと油が傷んでしまうので、注意してください。火加減はスキレットの底から火がはみ出さない程度の火力がおすすめです。ある程度熱し、料理に必要ない余分な油を戻してから食材を入れてください。

(3)調理後:完全に冷える前に洗おう

作った料理をそのままスキレットで保存すること、使い終わった状態で長時間放置することは避けましょう。できるだけスキレットが温かいうちに洗うことが大切です。調理後は以下の方法で早めに片付けましょう。

(1)たわしやササラを使ってゴシゴシ擦りながら、お湯(またはぬるま湯)で洗う。
(2)洗って拭いたスキレットを火にかけて、残った水分を飛ばす。
(3)内側にキッチンペーパーなどを使って薄く油を塗る。

シーズニングや日々の調理で馴染ませた油が落ちるのを避けるため、基本的に洗剤は使いません。汚れがどうしても落ちないときは、スキレットにお湯を入れて煮立たせて汚れを柔らかくするなどして対処するのがベストです。

またつけ置き洗いはサビの原因になる可能性が高いので、できるだけ控えましょう。しばらくスキレットを使う予定がない場合は、外側にも薄く油を塗ってから仕舞ってください。

鉄フライパンの使い方とお手入れ方法

スキレットのように、鉄フライパンも使い方やお手入れの方法に少し特徴があります。鉄フライパンは「一生もの」と言われるほど、長く使える道具です。ポイントを押さえて上手に使っていきましょう!

(1)使い始め:塗装を落としてからシーズニングしよう

鉄フライパンはものによって「塗装を落としてください」と書かれている商品もよくあります。またハードデンバー加工という、あらかじめ油を馴染ませてあるものもあったりと様々です。使い始める前に必ず説明書を読むようにしましょう。

ここでは、塗装を落とす必要がある鉄フライパンのシーズニング方法について説明していきます。該当する方はチェックしてみてくださいね。

(1)鉄フライパンを中火で空炊きする。
(2)煙が出てきたら強火にして、外側をまんべんなく熱する。
(3)煙が出なくなったら火を止めて粗熱が取れるまで待つ。
(4)お湯とスチールたわしで残った塗装を落とす。(洗剤を使ってと指示があるものは洗剤を使う。)
(5)洗って拭いた鉄フライパンを中火にかける。
(6)底の半分くらいの油を入れて3分ほど弱火にかける。
(7)残った油を保存容器などに戻す。
(8)キッチンペーパーで刷り込みながら、鉄フライパンに残った油を拭く。

(2)調理前:しっかり余熱しよう

スキレットと同様に鉄フライパンも調理前の余熱は必須です。またさらに焦げ付きを防止するため、調理前は以下の手順で油を馴染ませましょう。

(1)煙が出る寸前まで中火で加熱する。
(2)油を多めに入れて弱火で3分ほど熱する。
(3)余分な油を保存容器に戻して、調理を始める。

\次のページで「(3)調理後:水気を飛ばし切ることが重要」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: