この記事では映画とドラマの違いについてみていきます。恋愛やコメディ、殺人などの過激なものまで幅広いジャンルが存在する映画やドラマ。世間から期待されるような監督や俳優が手がけた作品は誰もが観たくなるでしょう。そんな映画とドラマにはどのような違いがあるでしょうか。
今回は映画とドラマの違いについて、いくつかポイントを絞りながら、雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していきます。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

映画とドラマの違いとは?

image by iStockphoto

映画とドラマは、どちらも私たちの生活における娯楽の1つですよね。テレビドラマは自宅のテレビでのんびりと観られることが魅力ですよね。一方で映画は、映画館に足を運び自宅では体験できない音響と映像を堪能することができます。いつもと違うワクワク感を味わえますね。

何よりも、映画とドラマは、どちらも監督や俳優、女優、その他の撮影スタッフなどが力を合わせて作られたもの。私たちの生活を豊かにしてくれますよね。

そんな良いことでいっぱいの映画とドラマの違いについて3つ解説していきます。

違い1. 撮影期間の長さ

1つ目の映画とドラマの違いは撮影期間の長さです。両者で撮影の規模や予算、放送方法が異なってくるので、自ずと撮影期間にも影響が生じます。ここでは、映画とドラマが撮影される期間の長さについて解説しますね。

映画:じっくり撮影が行われる

映画の撮影スケジュールは、基本的にゆったりと行われます。1日で脚本の1~2ページの撮影しかできないこともよくあることです。特に、アクションや火を使うシーンなどは、人間が話しているシーンと比べて何倍も時間がかかるそう。

この撮影に加えて、脚本の構想といった準備やその後の編集も含めると、準備から映画が公開されるまで数か月~数年かかるということになります。

ドラマ:スピードが重視される

ドラマの場合、放送と撮影が同時に行われることが多いです。そのため、最終回の数日前にやっと撮影が終わるなんてことも。このように、放送される時期が決まっているので、映画と比べるとスピードが重要視されるのです。

また、撮影は分単位でスケジューリングされており、このスピード感の中でも視聴率を稼げるような、高いクオリティーの作品を撮影しなければなりません。撮影に携わる全ての人は、相当な集中力と気力が必要になりそうですね。

\次のページで「違い2. 撮影にかかる予算と利益」を解説!/

違い2. 撮影にかかる予算と利益

image by iStockphoto

映画とドラマでは撮影の規模の違いから、必要な予算とその提供元が異なってきます。さらに、これによってどのように利益を得られるのかも変わってくるのです。ここでは、映画とドラマの撮影にかかる予算と利益について解説していきます。

映画:高額な予算の場合が多い

映画を撮影するにあたって、その資金は制作会社から貰っています。高い撮影技術の活用やスタントマンを起用した演出が多い映画では、高額な予算が必要です。撮影が終わると、作品はいよいよ映画館で公開。観客はお金を払って観ますよね。制作会社は、このチケット代から得られる興行収入などの利益をもらうことになります。

ドラマ:予算が限られている

ドラマは映画のようにチケットを購入してみる必要はありません。そのためドラマの場合、スポンサーから撮影の費用を貰うことになっています。スポンサーとは、ドラマを視聴する時に目にするCMを出している会社のことです。映画の予算よりは少額にはなりますが、撮影には必要不可欠。視聴率が高いドラマほど、そのCMを見る視聴者も増えるため、結果的に会社の売り上げにもつながるわけです。

ドラマでは、高い視聴率を目指すことで、より多くのスポンサーから資金を得られて利益にもつながります。

違い3. ストーリーの完結の仕方

image by iStockphoto

3つ目の違いは、ストーリーの完結の仕方です。結論から言うと、映画は1話で完結することが多く、ドラマの場合、数週間かけて数話を放送してストーリーが完結しますよね。また、映画とドラマでは、1回の放送時間も異なってきます。放送時間についても触れながらストーリーの完結の仕方について解説しますね。

映画:1話で完結

ほとんどの映画は1話で完結することが多いです。映画を観るにあたって予備知識が必要であることはほとんどなく、誰でも気軽に観ることができますね。しかし、最近では、ドラマやアニメの作品が、特別編として映画を出すこともあります。この場合は、やはり事前に登場人物や彼らの背景について知っておくと観やすいかもしれませんね。

\次のページで「ドラマ:数話続いて完結」を解説!/

ドラマ:数話続いて完結

ドラマはテレビで毎週のように地上波で放送されますよね。毎週少しずつ話が進み、大体13話程度でドラマが完結します。また、1回の放送時間は、NHKの朝ドラのように15分のものから、月9のようにおよそ1時間のものまでと幅広いです。

ドラマは続きが気になってしまい、ついつい次週も観てしまいますよね。

映画とドラマの違いは「期間」と「お金」と「ストーリー」

映画とドラマは、どちらも撮影スタッフや監督、俳優が熱意を込めて作った作品で、いつでも私たちを楽しませてくれますよね。そんな両者には違いがありました。今回挙げた違いは「撮影期間」、「予算と利益」、そして「ストーリーの完結の仕方」でしたね。ただし時代劇のようなドラマは映画並みの費用がかかるのでした。また、1話で完結することが多い映画も、作品によっては予備知識が必用なものもありましたね。

これらの違いに注目しながら作品を観るのも楽しそうですね。

" /> 映画とドラマの違いとは?撮影期間や予算の違いも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説 – Study-Z
言葉雑学

映画とドラマの違いとは?撮影期間や予算の違いも雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

この記事では映画とドラマの違いについてみていきます。恋愛やコメディ、殺人などの過激なものまで幅広いジャンルが存在する映画やドラマ。世間から期待されるような監督や俳優が手がけた作品は誰もが観たくなるでしょう。そんな映画とドラマにはどのような違いがあるでしょうか。
今回は映画とドラマの違いについて、いくつかポイントを絞りながら、雑学好き現役大学院生ライターのききと一緒に解説していきます。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

映画とドラマの違いとは?

image by iStockphoto

映画とドラマは、どちらも私たちの生活における娯楽の1つですよね。テレビドラマは自宅のテレビでのんびりと観られることが魅力ですよね。一方で映画は、映画館に足を運び自宅では体験できない音響と映像を堪能することができます。いつもと違うワクワク感を味わえますね。

何よりも、映画とドラマは、どちらも監督や俳優、女優、その他の撮影スタッフなどが力を合わせて作られたもの。私たちの生活を豊かにしてくれますよね。

そんな良いことでいっぱいの映画とドラマの違いについて3つ解説していきます。

違い1. 撮影期間の長さ

1つ目の映画とドラマの違いは撮影期間の長さです。両者で撮影の規模や予算、放送方法が異なってくるので、自ずと撮影期間にも影響が生じます。ここでは、映画とドラマが撮影される期間の長さについて解説しますね。

映画:じっくり撮影が行われる

映画の撮影スケジュールは、基本的にゆったりと行われます。1日で脚本の1~2ページの撮影しかできないこともよくあることです。特に、アクションや火を使うシーンなどは、人間が話しているシーンと比べて何倍も時間がかかるそう。

この撮影に加えて、脚本の構想といった準備やその後の編集も含めると、準備から映画が公開されるまで数か月~数年かかるということになります。

ドラマ:スピードが重視される

ドラマの場合、放送と撮影が同時に行われることが多いです。そのため、最終回の数日前にやっと撮影が終わるなんてことも。このように、放送される時期が決まっているので、映画と比べるとスピードが重要視されるのです。

また、撮影は分単位でスケジューリングされており、このスピード感の中でも視聴率を稼げるような、高いクオリティーの作品を撮影しなければなりません。撮影に携わる全ての人は、相当な集中力と気力が必要になりそうですね。

\次のページで「違い2. 撮影にかかる予算と利益」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: