言葉雑学

和食と日本食の違いとは?カレーライスはどっち?定義や特徴も雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

自然のめぐみを生かした和食

image by iStockphoto

日本の国土面積は決して広いわけではありませんが、南北に長くのびた島国ですよね。そのため、地域ごとに様々な気候や風土があります。また、日本のもう1つの特徴として、春夏秋冬の四季を味わうことができることですよね。

和食は、季節や自然と調和しながら、その地域にしかない食材や調味料と、独自の調理技術や調理道具を使うことで誕生した食文化なのです。そんな和食は、今後も残していきたい日本の貴重な遺産だと言えますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

和食は近年、ユネスコの無形文化遺産にもなったな。四季折々の食材を楽しめることも日本ならではだ。

和食の代表例とは?

日本の様々な地域の文化や自然の調和するように生まれた和食。そんな和食にはどういったものがあるでしょうか。ここではいくつか和食の具体例を挙げていきますね。皆さんの生活でも1日に1回は知らぬ間に、口にしているかもしれませんね。

味噌汁:出汁と素材の旨味を生かした一品
寿司:海に囲まれている島国だからこその新鮮な海産物
そば:豊かな水を利用して調理
お雑煮:地域によって具材と味は様々
漬け物:生ものを保存するために誕生

日本食の特徴とは?

日本食は伝統的な和食の他に、海外から入ってきた料理を日本人の口に合うようにアレンジされた料理も含まれるのでしたね。ここでは、もともとは海外の料理だったものが日本でアレンジされた料理について解説していきます。

日本人の好みにアレンジされた日本食

image by iStockphoto

海外の料理をそのまま日本で食べるとなると、日本人の口に合わないなんてこともあるでしょう。また、日本にはない海外の調味料や材料もあるので、本場そのままの味を再現することが難しいことも。

例えば、子供から大人まで人気のあるカレーライス。インド料理を元にイギリスで生まれたカレーライスは、本来のインドの辛さでは、日本人にとって慣れません。また、カレーに使われている豊富なスパイスは日本では入手困難なことが多いです。このように、日本人にとってなじみ深い日本食には、海外から入ってきた料理をアレンジしたものもあるのですね。

\次のページで「和食を除いた日本食の代表例とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: