言葉雑学

和食と日本食の違いとは?カレーライスはどっち?定義や特徴も雑学好き現役大学院生がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では和食と日本食の違いについてみていくぞ。どちらも日本の料理ではあるが、その意味合いに違いがあるようだ。例えば、カツオ節や昆布でとった出汁で作られた味噌汁や小魚などを使った煮物、大人気のカレーライスやラーメンは日本の料理ではあるが、これらは和食と日本食のどちらだろうか。
今回は和食と日本食の違いについて、定義を確認しながら雑学好きな現役大学院生ライターのききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/きき

植物について研究している現役大学院生。生物や植物だけでなく、言語や旅行、文化などあらゆるジャンルにも興味がある。誰もが面白い・分かりやすいと思ってくれるようなライターを目指している。

和食と日本食の違いとは?

image by iStockphoto

私たちの日常生活で何気なく使われている「和食」と「日本食」。日本の料理と言う意味で使われますが、実は、両者は少し異なる意味を持っているのです。まずは、和食と日本食の定義から見ていき、それを踏まえて両者の違いについて解説しますね。

和食:日本独自の料理

世界中で人気が高まっている和食。そんな和食とは、特に日本で生まれた独自の料理のことを言います。日本ならではの歴史や文化、風土などの影響を受けて誕生した大饗料理や精進料理、本膳料理そして解析料理が和食の基本となっているのです。

日本食:日本で生まれた and アレンジされた料理

一方で、日本食とは、和食よりも広範囲の日本の料理のことを指します。日本の「食」なので、和食はもちろん含まれますよね。それに加えて、海外発祥の料理を日本風にアレンジした料理も日本食と呼ばれているのです。

結論:日本食に和食が含まれている!

結論、和食と日本食の違いは、その範囲です。和食は日本の地域性が生かされたような伝統的な料理のことのみを指します。一方で、日本食は、和食に加えて、海外の食材や料理を取り入れ、日本人の口に合うようにして誕生した料理も含まれるということになりますね。

和食の特徴とは?

和食とは、日本食という枠の中に含まれる料理のことでしたね。そんな和食とはどのような特徴があるのでしょうか。和食の代表例をいくつか挙げつつ、和食がどのように誕生し、どういった料理なのかについて解説していきます。

\次のページで「自然のめぐみを生かした和食」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: