文化・歴史雑学

3分でわかる摂政と関白の違い!役割や時代・代表者などの違いを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では摂政と関白の違いについてみていくぞ。2つともどちらも日本史の分野でよく聞く言葉で、君主の代わりのイメージがあるよな。違いはずばり理由のようだが、役割・時代・代表者などが違うなど調べてみるとさまざまな違いがあるみたいだ。
今回はそんな日本史に欠かせない役職の違いを定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、あらゆる分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、多くの記事を執筆してきた。この経験を生かして、雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり摂政と関白の違いは?

image by iStockphoto

日本史の分野で「摂政」と「関白」はよく耳にしますが、違いを説明できる方は少ないのではないでしょうか。はじめにざっくりと双方の違いを紹介します。違いが分かると、日本史についてより深く理解できますよ。一緒に見ていきましょう。

摂政:幼帝や女帝に代わり政務をとる

摂政(せっしょう)は幼帝や女帝に代わって政務をとり、君主の仕事を補充します。他にも、君主が病気で政務を行えない場合に代わりとなる役目です。君主制の国家で取り入れられる重職になります。就任する摂政のほとんどが君主の親族や配偶者であることが特徴です。

関白:成人の君主を補佐する

関白(かんぱく)は成人の君主の補佐です。中後期からはじまった重職で、君主の政務を預かり意見を伝えます。摂政は君主の補佐に理由がありましたが、関白には理由がありません。関白は摂政よりも後に誕生しています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

摂政と関白は、どのようなきっかけで誕生したのだろう?摂政のきっかけは、女性天皇である推古天皇だ。聖徳太子が摂政に就任した。関白のきっかけは、藤原基経が清和天皇の関白に就任したことだ。藤原基経は4代の天皇の関白となり、大きな権力をもった!

違いその1:役割

image by iStockphoto

摂政と関白は君主の代わりというイメージがありますが、どのような役割の違いがあるのでしょうか。この章では、双方の役割の違いを紹介します。役割の違いが分かると、任命された理由が分かりますよ。詳しく見ていきましょう。

摂政:理由があって君主を支える

摂政は理由があって君主を支えています。理由があって政務を行えない場合に、代わりに政務を任せていました。例えば、子ども・女性・病気などです。摂政のほとんどが、皇族や外戚と呼ばれる親戚が任命されていました。

関白:理由がなく君主を支える

関白は特に理由がなくても君主を支えられました。関白は成人した君主の補佐役で、君主が政治をする際に助言する役目です。ただし、関白の最終的な決定は君主になります。摂政の場合は、最終的な決定も行っていました。

違いその2:時代背景

日本史でよく頻出する摂政と関白ですが、いつ存在していたのでしょうか。この章では、双方の時代背景を紹介します。どちらも歴史の長い役職で、時代によって存在がさまざまな形となっていたことが分かりますよ。詳しく見ていきましょう。

摂政:飛鳥~明治時代

摂政は飛鳥~明治時代に存在していました。時代によって摂政の存在感は異なります。基本的には君主の補佐をする役目ですが、平安時代には力を持ち、鎌倉~江戸時代は存在が薄くなっていました。令和でも摂政の仕組みは残っていますが、存在はしていません。

関白:平安~江戸時代

関白は平安~江戸時代に存在していて、飛鳥~奈良時代にはまだ存在していませんでした。関白も摂政と同様に、時代によって存在感は異なります。平安時代には力を持ちますが、鎌倉~江戸時代には存在が薄くなり、明治~令和時代には存在が無くなりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

現代に関白はもう存在していないが、摂政は存在しないものの役目としては残っている!君主が未成年、重大な病気や怪我の場合に置かれるぞ。また、政務の権限は君主と同じだ!昔の制度と思いきや、現在も役目としては残っている!

違いその3:代表者

摂政と関白は有名な人物は任命されたのでしょうか。この章では、双方の代表者を紹介します。歴史上でとても有名な人物や、名前は知っていても摂政・関白であることは知らなかった人物などが分かりますよ。詳しく見ていきましょう。

摂政:聖徳太子・藤原道長

摂政の代表者といえば、聖徳太子や藤原道長があげられます。聖徳太子は天皇中心の政治の仕組みをつくり、藤原道長は摂関政治の仕組みをつくりました。他にも中大兄皇子や藤原頼通、裕仁親王があげられます。

関白:藤原頼通・豊臣秀吉

関白の代表者といえば、藤原頼通や豊臣秀吉です。藤原頼通は、摂政と関白の両方の役職を担っていました。豊臣秀吉は、戦国時代に関白になったことで有名です。どちらも関白の役職を利用して、大きな権力を手に入れています。

摂政・関白どちらの方が偉い?

摂政と関白は似た役職なので、権力に違いが無いように思われますが、実際は権力に違いがあります。どちらが権力を持っているのでしょうか。この章では、双方の権力の違いを紹介します。権力に違いがある理由について分かりますよ。

どちらかというと摂政の方が偉い!

image by iStockphoto

摂政と関白では、どちらかというと摂政の方が位は高くなります。関白は君主の補佐ですが、摂政は天皇に代わって政務をとれることが理由です。どちらも正式な官位ではありませんでしたが、君主の権限を代行できるのは摂政でした。

摂政と関白の違いは理由

摂政と関白の違いは理由です。摂政は君主が子どもであったり病気であったりする際に、君主に代わって政務を行います。関白は君主が成人していて、特に役職につく理由はありません。どちらも補佐を行いますが、摂政の方が権限はあります。

Share: