国語言葉の意味

【慣用句】「様は無い」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

その2「見苦しい(みぐるしい)」:見た感じが不愉快

「見苦しい」は見た感じが不愉快である・みっともないという意味をもった言葉です。こちらもみっともない様子を表す言葉となっており、「様は無い」とよく似た意味をもった類義語となっています。ほかに見るのに難渋する、見づらいという意味も持っている点に注意しましょう。

その3「はしたない」:慎みがなく見苦しい

「はしたない」は慎みがなく礼儀に外れたり品性に欠けたりして見苦しい、みっともないという意味をもつ言葉です。こちらも見苦しい・みっともないという意味をもった言葉となっており、「様は無い」とよく似た意味をもった類義語となっています。こちらは他にも幅広い意味をもつ言葉であるため注意しましょう。

その4「さもしい」:品性が下劣

「さもしい」は品性が下劣・卑しい・みすぼらしい・見苦しいという意味をもつ言葉です。こちらも見苦しいという意味をもった言葉となっており、「様は無い」とよく似た意味をもった類義語となっています。卑しさ・みすぼらしさも表す点など、細かい意味の違いに注意しましょう。

その5「みすぼらしい」:身なりが見苦しい

「みすぼらしい」は外見が貧弱である、身なりが見苦しいという意味をもつ言葉です。こちらも見苦しい様子を表す言葉となっており、「様は無い」とよく似た意味をもった類義語となっています。こちらは特に外見に注目した言葉となっているため、違いに注意して使い分けていきましょう。

「様は無い」の対義語は?

image by iStockphoto

つづいて「様は無い」の対義語についても確認していきましょう。「様は無い」には明確に対義語とされている語はありません。しかしその意味から連想してみると次の単語が思い浮かびます。

「立派(りっぱ)」:威厳があって美しい

「立派」は威厳があって美しい様子、また非常に優れている様子を表す言葉です。「様は無い」が体裁が悪い、みっともない様子を意味していたのに対し、こちらは体裁が良く美しいこと、優れていること、見事なことを意味している言葉となっています。対義語として、こちらも覚えておきましょう。

\次のページで「「様は無い」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: