国語言葉の意味

【慣用句】「仕方が無い」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

「仕方が無い」の英訳は?

image by iStockphoto

つづいて「仕方が無い」の英語訳についても確認していきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:31文字

「It is what it is」:仕方が無い

「It is what it is」はどうしようもない・仕方が無いという意味をもった英フレーズです。どうすることもできない状況を受け入れなければならない場合によく使われており、日本語の「仕方が無い」とよく似た場面で使うことができます。「仕方が無い」の英語での表現としてこちらも覚えておきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:148文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

類似表現である「是非も無い」・「余儀無い」・「止むを得ない」などは意味としては「仕方が無い」と基本的に同様であるものの、どれも古風な表現のため、使用頻度に違いがある。現在同じ状況では、「仕方が無い」がより頻繁に使用されているため注意しよう。

ID: ↑パーツ内本文:120文字

「仕方が無い」を使いこなそう

この記事では「仕方が無い」の意味・使い方・類語などを説明しました。「仕方が無い」はどうすることもできない・困る・我慢できないという意味をもった慣用句です。三種類の意味をもった言葉となっているため、見聞きした際はどの意味で使われているのか前後の文脈に注意して読み取りましょう。

また類義語には「是非も無い」、「余儀無い」、「止むを得ない」、「拠所無い」、「如何ともし難い」などがありました。それぞれ少しづつニュアンスが違うため、細かい意味や使われる場面を確認しつつ、使い分けていきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

ID: ↑パーツ内本文:269文字
1 2 3
Share:
Hayakawa69