暮らし雑学

3分でわかるDVDとBlu-rayの違い!見た目・画質・容量・対応機器の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではDVDとBlu-rayの違いについてみていくぞ。どちらも映像を再生したり、録画したりして使うイメージがあるよな。違いはずばり性能のようだが、見た目・容量・録画や再生方法が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな映像の保管に欠かせないディスクの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとしてさまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、多数記事を執筆してきた。この経験を生かして、雑学の知識を分かりやすく解説していく。

DVDとBlu-rayの違いは?

image by iStockphoto

手元に映像を残しておきたいときに、便利なのがDVDとBlu-rayです。それぞれどのような違いがあるのでしょうか?はじめにざっくり違いを紹介します。DVDとBlu-rayのどちらを購入するか検討中の方は、参考にしていただける内容です。

DVD:第2世代光ディスクの一種

DVDは第2世代光ディスクの一種です。光ディスクとは、レーザーの光を使ってデータの読み出しや書き込みを行います。ディスクはDVD-RとDVD-R DL、DVD-RWの3種類あり、それぞれ書き込めるデータ内容や容量の違いが特徴です。

Blu-ray:第3世代光ディスクの一種

Blu-rayは第3世代光ディスクの一種で、DVDの後継に開発されました。Blu-rayの記録容量はDVDの5倍以上で、テレビ番組をハイビジョン画質で記録できます。DVDが35万画素に対して、Blu-rayは207万画素約6倍です。

違いその1:見た目

image by iStockphoto

DVDとBlu-rayは、どちらも外形直径が12cmで同じ形状です。見分ける方法はあるのでしょうか。この章では双方の見た目の違いを紹介します。双方を混在して保管している場合に、簡単に見分けられるようになりますよ。

DVD:シルバーに近いブルー

DVDの見た目は基本シルバーに近いブルーですが、種類によっては赤みがかった見た目のものもあります。色の違いを知っていれば、簡単に見分けられるでしょう。さらに、市販の録画用ディスクのパッケージには、「DVD-R」と記載があるので見分けられます。

\次のページで「Blu-ray:ゴールドに近いブルー」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: