化学化学平衡原子・元素熱力学物質の状態・構成・変化理科

中和熱ってどんな反応?なぜ起こる?発熱反応・吸熱反応・具体例も現役の研究者がわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。今日は中和熱について学習していこう。中和熱とは酸と塩基が反応して水ができる時に発生する熱で化学反応によって発生するぞ。場合によっては吸熱反応が起こることもあるぞ。大学で化学を学び、今も現役の研究者として活躍する化学に詳しいライターポスドクランナーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
tmat13

ライター/ポスドクランナー

大学で有機化学や合成化学、生物学について学び、化学や生物に精通している。現在も研究者として活動を続ける傍ら、市民ランナーとしても多くのマラソン大会に出場している現役のランナー。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

中和熱ってどんなもの?わかりやすく解説!

Neutralization reaction between sodium hydroxide and hydrochloric acid.jpg
Bluescan sv.wiki投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

物質の生成の過程で、放出されたり吸収されたりする熱のことを反応熱と言います。中和熱とは、酸と塩基を各1当量ずつとって中和させたとき発生する熱量のことです

反応する酸・塩基の種類、濃度、温度などによって異なりますが、基本的には希薄溶液における強酸と強塩基の中和については、その種類によらずほとんどの場合H++OH-→H2Oの反応熱に一致します。18℃では1mol(モル)あたり57.3kjの熱量です

ID: ↑パーツ内本文:206文字

中和熱はなぜ発生する?

中和熱はなぜ発生する?

image by Study-Z編集部

中和熱が発生する理由には物質のもつ位置エネルギーが関係します。イオン同士は分子間力及び、クーロン力で引き付け合っていますが、イオンが周りの物体に衝突するなどして速度エネルギーを熱量に変えた結果、発熱が起こるのです

ID: ↑パーツ内本文:107文字

発熱反応と吸熱反応の見分け方は?

中和熱が発生するときに発熱反応なのか、吸熱反応なのかは反応する酸や塩基の状態に依存します。中和熱は、1molの酸(H+)と塩基(OH-)から1molのH2Oが生じる時に発生する熱量ですので、酸や塩基の種類によって大きさは変わりません。

しかし、酸や塩基が弱酸・弱塩基の場合は、物質のもつエネルギーが生成物よりも低いため吸熱反応が起こります

ID: ↑パーツ内本文:171文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2
Share:
tmat13