雑学食べ物・飲み物

きしめんとうどんの違いは見た目だけ?食感やカロリーなど料理好きライターが詳しく解説

きしめんは味が染み込みやすい麺ではありますが、幅が広く実際に食べてみるとつゆの味が薄く感じることも。そのため、味が濃厚な出汁や醤油が使われています。茹でた麺に温かい出汁つゆをかける、「かけ」という食べ方が基本です。

讃岐うどんは濃い目のつけつゆを麺に直接かける「ぶっかけ」、茹で上がったうどんを水で締めずに食べる「釜揚げ」などの食べ方が人気。トッピングの種類が豊富なのも特徴と言えます。

ID: ↑パーツ内本文:194文字

(2)おすすめアレンジ:カレー・みそ煮込みなど

きしめんやうどんは様々な食べ方ができる麺です。シンプルな食べ方に飽きてしまった方は、アレンジメニューにチャレンジしてみましょう。サッと済ませたいときのお昼ご飯などにもぴったりです。

ID: ↑パーツ内本文:90文字

きしめんやうどんのおすすめアレンジ
・カレー
レトルトカレーや残ったカレーに水・出汁・醤油などを加えたものを茹でた麺にかけるだけで作れる。

・みそ煮込み
和風出汁と味噌をベースにしたつゆに、鶏肉・しいたけ・ねぎ・油揚げ・かまぼこなどを入れて煮込む。冷凍麺や生麺を使えば、別で茹でずにそのまま煮込めるので楽チン。味噌を赤味噌にすると名古屋風になる。

・ビビン麺風
茹でて冷水でしめた麺に、コチュジャン・醤油・酢・ごま油・砂糖・鶏ガラスープの素を混ぜ合わせる。きゅうりやキムチ、ゆで卵などをトッピングしてビビン麺風に。

ID: ↑パーツ内本文:255文字

きしめんやうどんに似ている麺類との違い

image by iStockphoto

きしめんやうどんの他にも白い色をした麺はいくつかあります。きしめんやうどんとはどんな違いがあるのか、似ている麺類の特徴をみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:69文字

(1)ほうとう:生地に塩が入っていない

きしめんと見た目が似ているほうとう。山梨県の郷土料理の一つです。見た目だけでは見分けづらいですが、生地作りに塩水を使わないという大きな違いがあります。

食感はかなり柔らかいです。また生地に塩が入っていないため、つゆと別に茹でる必要がありません。つゆの中に入れて加熱すると、とろみが出るのも特徴です。

ID: ↑パーツ内本文:150文字

(2)そうめん:麺の太さが1.3mm未満

そうめんの材料は小麦粉と塩水で、きしめんやうどんと同じです。大きな違いは麺の太さにあります。そうめんの定義は長径1.3mm未満のもの。うどんは長径1.7mm以上のため、うどんと比べてかなり細いことがわかりますね。

食感は細いながらもコシがあり、ツルッと口に入る滑らかさが特徴です。あまり食欲がないときでも食べられるような、食べやすさも魅力の一つと言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:182文字

(3)ひやむぎ:麺の太さが1.3〜1.7mm未満

ひやむぎはうどんやそうめんに似ている麺です。特にそうめんとは見分けづらいかもしれませんが、麺の太さに違いがあります。ひやむぎの定義は長径1.3〜1.7mm未満。太さはそうめんとうどんの中間です。

材料はそうめんと同じですが、麺が太いぶんより強いコシを感じます。茹でた麺を水で締め、冷やした状態で食べることが多いです。

ID: ↑パーツ内本文:159文字

麺の形で見分けてみよう!

きしめんとうどんには様々な違いがありますが、一番わかりやすいポイントは麺の形です。きしめんは平たい帯状で、うどんは程よい太さと丸みがあります。どちらなのか迷ったときは、形をヒントにして見分けてみてください。

また麺の形が違うため食感も異なります。作りたい料理によって使う麺を変えてみるのもおすすめです。うどんをよく作るという方は、ぜひきしめんも取り入れてみてくださいね。マンネリ防止にもなりますよ!

ID: ↑パーツ内本文:200文字
1 2 3 4
Share:
tajiaco000