化学原子・元素地学岩石・鉱物無機物質物理理科生活と物質電磁気学・光学・天文学

5分でわかる磁鉄鉱!天然の磁石?性質から応用技術まで現役理系学生ライターが徹底解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「磁鉄鉱」という鉱物について解説していくぞ。

磁鉄鉱は鉄系の鉱物の一種だ。実は公園の砂場に混ざっている砂鉄は磁鉄鉱が粉砕されたものであり、磁鉄鉱は最も身近な鉱物と表現しても過言ではないだろう。今回の記事では、このような磁鉄鉱の性質や特徴を詳しく述べることにした。そして、磁鉄鉱を使った科学技術もいくつか紹介するぞ。ぜひ、この機会に磁鉄鉱についての理解を深めてくれ。

地学に詳しいライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。資源材料学、環境化学工学、バイオマスエネルギーなども勉強中。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

磁鉄鉱について学ぼう!

image by iStockphoto

磁鉄鉱という鉱石のことを皆さんはご存知でしょうか?理科や社会の教科書で、この鉱石についての記述があることから、名前くらいは聞いたことがあるという方が多いかと思います。しかしながら、地学や化学の視点で磁鉄鉱について詳しく学んだ経験がある人は少ないことでしょう。

今回の記事では、上記の視点で磁鉄鉱について深堀りしていきます。記事の中では、磁鉄鉱の性質や産地に加え、工業的な利用価値についても解説しますね。ぜひ最後まで記事を読んでみてください。

ID: ↑パーツ内本文:221文字

磁鉄鉱とは?

磁鉄鉱は、四酸化三鉄が主成分の鉱物ですよ。磁鉄鉱の色は黒色で、金属光沢をもつことが特徴です。磁鉄鉱がもつ他の特徴としては、正八面体の結晶構造をもっていることが挙げられますよ。このように聞くと、磁鉄鉱は私たちから非常に遠い存在のように感じますが、実は公園の砂場に含まれる砂鉄は磁鉄鉱が風化したものになります。

また、磁鉄鉱は強い磁性をもっていますよ。それゆえ、磁鉄鉱は磁石に引きつけられます。磁鉄鉱の中に雷が落ちると、天然の磁石に変化することもあるのです。このように、磁鉄鉱は磁石と関係が深いことから、英語圏では「マグネタイト」と呼ばれています。

ID: ↑パーツ内本文:273文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

昔、日本では砂鉄を集めたものを「たたら製鉄」という方法で加工して、日本刀を作っていたぞ。

ID: ↑パーツ内本文:44文字

磁鉄鉱と赤鉄鉱の違い

磁鉄鉱と似た名前の鉱石で「赤鉄鉱(ヘマタイト)」というものがありますよ。両者とも、鉄系の化合物が主成分になっている鉱石なので、混同して理解してしまうことがあります。そこで、ここでは磁鉄鉱と赤鉄鉱の違いについて簡単に述べますね。

赤鉄鉱の主成分は酸化鉄(Fe2O3であり、磁鉄鉱に比べて磁性が弱くなっています。それゆえ、赤鉄鉱は磁石にほとんど引き寄せられません。また、粉砕したときの色も異なります。磁鉄鉱の粉末は黒色ですが、赤鉄鉱の粉末の色は赤錆色になっていますよ

ID: ↑パーツ内本文:234文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo