化学原子・元素無機物質理科生活と物質

イットリウムとはどのような元素?特徴や用途は?現役理系学生ライターが5分で徹底解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「イットリウム」という元素について解説していくぞ。

イットリウムは知名度が低い元素ではあるが、希土類(レアアース)に分類される金属元素であり、資源的な価値は高いぞ。それゆえ、イットリウムは人類の生活を支える重要な物質と言えるだろう。この記事では、イットリウムの化学的な性質はもちろんのこと、それがどのような技術や製品に用いられているのかという点も解説していく。ぜひ、この機会にイットリウムについての理解を深めてくれ。

化学に詳しいライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。資源材料学、環境化学工学、バイオマスエネルギーなども勉強中。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

イットリウムについて学ぼう!

Yttrium sublimed dendritic and 1cm3 cube.jpg
Alchemist-hp (www.pse-mendelejew.de) – 投稿者自身による著作物, FAL, リンクによる

皆さんはイットリウムという元素のことをどの程度知っているでしょうか?この元素は中学や高校の理科の授業でほとんど紹介されない上に、元素周期表の中でも下のほうに位置するので、影の薄い存在であると言えます。しかしながら、イットリウムは私たちの生活を支えるために不可欠な資源です

今回の記事では、化学だけでなく物理学・工学などの視点も加えて、イットリウムが一体どのような元素であるのかを解明していきます。それでは早速、イットリウムについて詳しく学んでいきましょう!

ID: ↑パーツ内本文:230文字

イットリウムとは?

イットリウムとは?

image by Study-Z編集部

イットリウムは原子番号が39であり、元素記号がYである遷移元素です。イットリウムは遷移元素でありながら、ランタノイドと化学的性質が極めて似ているため、希土類元素に分類されます。ランタノイドとは、原子番号が57のランタンから原子番号が71のルテチウムまでの元素群のことを指しますよ。

単体のイットリウムは銀白色の金属光沢をもっています。イットリウムの単体結晶は空気中で酸化被膜をつくり不動態となりますよ。また、イットリウムの単体結晶は六方最密構造をとるものと体心立方格子をとるものがあり、それぞれ同素体として区別されるのです。

ID: ↑パーツ内本文:263文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

大きな結晶のイットリウムは安定だが、粉末状のイットリウムは自然発火することもあるぞ。

ID: ↑パーツ内本文:42文字

イットリウム発見の歴史

人類がはじめてイットリウムを発見したのは1787年とされています。カール・アクセル・アレニウスという人物が、スウェーデンのイッテルビーという村の石切り場で見つけた黒い岩石にイットリウムが含まれていたのです。しかしながら、当時はイットリウムではなく、タングステンがその岩石に含まれていると考えられていました。

その2年後、ヨハン・ガドリンアンデルス・エーケベリによってアレニウスが見つけた岩石からイットリウムの酸化物である『イットリア』が抽出され、イットリウムの発見へと至ったのです。さらに、1843年にはフリードリヒ・ヴェーラーが単体のイットリウムを取り出すことに成功しています

ID: ↑パーツ内本文:292文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo