ビジネス雑学

3分でわかる昇格と昇進の違い!方法や具体例・過程などを雑学好きライターが詳しく解説

昇格と昇進を決める過程は?

image by iStockphoto

昇格と昇進は、どのような流れで決まるのでしょうか。この章では、双方の過程を紹介します。過程がわかると、大体のスケジュールがわかったり、昇格・昇進を実際に受けるイメージが湧きやすくなったりするでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:100文字

いくつかの過程がある

昇格と昇進を決める過程は、いくつかあります。対象となる社員をリストアップして、推薦の有無を確認するのが第一段階です。対象者が決まりましたら、試験や面接で適性判断をします。審査によって結果がでましたら、社内辞令で発表するのが一般的な過程です。

ID: ↑パーツ内本文:120文字

昇格・昇進できるのはどのような人?

昇格や昇進できる人は、どのような人なのでしょうか。この章では、昇格・昇進に向いている人を紹介します。昇格や昇進を目指している人は、自分の向き不向きを知って、苦手な部分は得意なことでカバーできないか確認してみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:108文字

積極性のある人

昇格・昇進できるのは、積極性のある人です。自分で考えて行動する力が必要となります。また、コミュニケーション能力も大切です。積極的に声をかけたり、仲間と力を合わせられたりできるかも評価対象になります。

他にも、具体的な目標を持っているか、素直に吸収できるかという点も重要です。

ID: ↑パーツ内本文:138文字

昇格と昇進の違いは「種類」

昇格と昇進の違いは「種類」です。昇格は等級があがり、6~9の段階に分けられています。昇進は役職があり、一般社員・課長・会長などにあがっていくのが特徴です。どちらも積極性のある人が、向いている傾向にあります。

ID: ↑パーツ内本文:103文字
1 2 3
Share:
kuma55