趣味雑学

3分でわかるアメフトとラグビーの違い!防具やルール・フィールドの違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

アメフト:Yのような形

アメフトは四角いフィールドの両端に、Y型のゴールがあります。地上からクロスバーまでの高さは3.05mで、幅は5.64mです。両ポールの間で、クロスバーの上にボールを通すことでゴールとなります。また、アメフトでは距離を「y(ヤード)」で表すのが特徴です。

ID: ↑パーツ内本文:126文字

ラグビー:Hのような形

ラグビーもアメフトと同様に、四角いフィールドの両端にゴールがありますが、形はH型をしています。さらに、クロスバーの高さ・幅や、ゴールの仕方も同じです。また、距離については「y」を使わずに「m」を使います。

ID: ↑パーツ内本文:102文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

アメフトとラグビーは、どのような試合の流れなのだろうか?アメフトは、15分×4の計60分の試合だ。ただし、試合中頻繁に時間を止めるため、全体の試合時間は2時間以上かかることがある。

ラグビーは、40分×2の計80分の試合だ。基本的に時間は流れたままだが、ケガやビデオ判定などで時間が止められることがある。どちらも予定時間を超える場合が多いそうだ!

ID: ↑パーツ内本文:186文字

アメフト・ラグビーの試合の楽しみ方は?

image by iStockphoto

アメフトとラグビーについて、理解が深まったのではないでしょうか。最後は、双方の試合の楽しみ方を紹介します。一番楽しめる方法や、注目して欲しいポイントの紹介です。アメフトやラグビーに興味を持ったという方は、ぜひ試合を楽しみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:115文字

会場で生の試合を観戦しよう!

アメフトやラグビーの試合で、おすすめの楽しみ方は会場での観戦です。アメフトもラグビーも初めての観戦であれば、基本ルールを予習して行くと、面白さにのめり込めるでしょう。また、選手たちのぶつかる音や声に、迫力が伝わってきます。

ID: ↑パーツ内本文:111文字

アメフトとラグビーの違いは「ルール」

アメフトとラグビーの違いは「ルール」です。アメフトはルールが複雑で、ケガ防止のため武具が必要となります。ラグビーのルールはシンプルで、ケガを防ぐルール設定のため、防具は任意です。どちらも試合は迫力があり、会場で観戦が楽しめます。

ID: ↑パーツ内本文:114文字
1 2 3
Share:
kuma55