趣味雑学

3分でわかるアメフトとラグビーの違い!防具やルール・フィールドの違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

ラグビー:着用任意

ラグビーは、防具の着用は任意となります。危険を避けるためのルールを、徹底しているためです。そのため、選手は半袖半ズボンの肌身で、試合に出場する場合が多くあります。しかし、高校生まではヘッドキャップや、マウスピースの着用が必要です。

ID: ↑パーツ内本文:115文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

アメフトとラグビーは、どのようなボールを使っているのだろう?どちらも楕円形のボールを使うイメージはあるが、一見違いがわからない。アメフトのボールは、茶色で小さくて尖っている。ラグビーのボールは、白色で大きくて丸みがあるんだ!

ID: ↑パーツ内本文:112文字

違いその2:ルール

アメフトとラグビーの防具についてわかりました。続いては、双方のルールの違いを紹介します。どちらもゴールに向かって、ボールをパスしながら走るので、ルールの違いは見分けにくいでしょう。実は、違いが多々あるので、詳しく解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:115文字

アメフト:複雑

アメフトのルールは、複雑といわれています。攻撃に関するルールが、複雑なイメージを与えているためです。ただし、これからアメフトを知っていきたいという方は、ひとまず基本ルールを押さえておくとよいでしょう。

基本ルールは、1プレーごとに試合がストップして、攻守がはっきりと分かれています。選手は15人で、交代に制限はありません。また、前に向かってのパスが可能です。

ID: ↑パーツ内本文:180文字

ラグビー:シンプル

ラグビーのルールは、アメフトと比較するとシンプルです。はじめてラグビーを観戦するという方は、基本のルールを押さえておくとよいでしょう。基本ルールは試合の中で、攻守が頻繁に入れ替わります。選手は11人で、交代可能人数は8人です。また、前に向かってのパスはできません。

ID: ↑パーツ内本文:132文字

違いその3:フィールド

アメフトとラグビーの防具や、ルールについてわかりました。続いては、フィールドについて紹介します。フィールドの大きな違いは、ゴールの形です。ゴールの形を見分けられたら、アメフトかラグビーかすぐにわかりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:103文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
kuma55