趣味雑学

3分でわかるアメフトとラグビーの違い!防具やルール・フィールドの違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事ではアメフトとラグビーの違いについてみていくぞ。どちらも海外から日本に伝わったスポーツで、日本でも人気のイメージがあるよな。違いはずばりルールのようだが、他にも防具やフィールドが違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんなスポーツに欠かせないアメフトとラグビーの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、あらゆる分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多数記事を執筆してきた。この経験を生かし雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:84文字

ざっくりアメフトとラグビーの違いは?

image by iStockphoto

アメリカの人気のスポーツで思い浮かぶのが、アメフトとラグビーです。どちらも似たスポーツですが、違いを説明できる方は多くないでしょう。本記事は、双方の違いの紹介です。はじめにざっくり違いを紹介した後に、詳しく解説していきます。詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:124文字

アメフト:サッカーとラグビーから発案

アメフトとは、サッカーとラグビーから発案されたスポーツです。正式名は「アメリカンフットボール」で、アメリカで盛んに楽しまれています。アメリカでは野球が人気ですが、アメフトも劣らないくらい人気です。

また、アメリカで「フットボール」といえば、アメリカンフットボールを指します。

ID: ↑パーツ内本文:138文字

ラグビー:フットボールから派生

ラグビーとは、フットボールから派生したスポーツです。正式名は「ラグビーフットボール」で、1820年頃にイギリスではじまったとされています。また、ラグビーは超えてはいけない一線の手前で踏みとどまるルール設定のため、「紳士のスポーツ」として有名です。

ID: ↑パーツ内本文:123文字

違いその1:防具

image by iStockphoto

ざっくりアメフトとラグビーの違いがわかりました。ここからは、さらに深く掘り下げていきます。まず、防具の違いについて見ていきましょう。防具の違いが分かれば、試合中の選手たちの身なりで違いがわかりますよ。

ID: ↑パーツ内本文:100文字

アメフト:着用必須

アメフトは、防具の着用が必須となります。ボールを持っていない選手同士のぶつかり合いが、発生するためです。例えば、タックルは正面から来るので、防具がなければケガをする可能性が高くあります。アメフトの試合に出場するには、ヘルメットやショルダーの着用が必要です。

ID: ↑パーツ内本文:128文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
kuma55