この記事ではアメフトとラグビーの違いについてみていきます。どちらも海外から日本に伝わったスポーツで、日本でも人気のイメージがあるよな。違いはずばりルールのようですが、他にも防具やフィールドが違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんなスポーツに欠かせないアメフトとラグビーの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、あらゆる分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多数記事を執筆してきた。この経験を生かし雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりアメフトとラグビーの違いは?

image by iStockphoto

アメリカの人気のスポーツで思い浮かぶのが、アメフトとラグビーです。どちらも似たスポーツですが、違いを説明できる方は多くないでしょう。本記事は、双方の違いの紹介です。はじめにざっくり違いを紹介した後に、詳しく解説していきます。詳しく見ていきましょう。

アメフト:サッカーとラグビーから発案

アメフトとは、サッカーとラグビーから発案されたスポーツです。正式名は「アメリカンフットボール」で、アメリカで盛んに楽しまれています。アメリカでは野球が人気ですが、アメフトも劣らないくらい人気です。

また、アメリカで「フットボール」といえば、アメリカンフットボールを指します。

ラグビー:フットボールから派生

ラグビーとは、フットボールから派生したスポーツです。正式名は「ラグビーフットボール」で、1820年頃にイギリスではじまったとされています。また、ラグビーは超えてはいけない一線の手前で踏みとどまるルール設定のため、「紳士のスポーツ」として有名です。

違いその1:防具

image by iStockphoto

ざっくりアメフトとラグビーの違いがわかりました。ここからは、さらに深く掘り下げていきます。まず、防具の違いについて見ていきましょう。防具の違いが分かれば、試合中の選手たちの身なりで違いがわかりますよ。

アメフト:着用必須

アメフトは、防具の着用が必須となります。ボールを持っていない選手同士のぶつかり合いが、発生するためです。例えば、タックルは正面から来るので、防具がなければケガをする可能性が高くあります。アメフトの試合に出場するには、ヘルメットやショルダーの着用が必要です。

\次のページで「ラグビー:着用任意」を解説!/

ラグビー:着用任意

ラグビーは、防具の着用は任意となります。危険を避けるためのルールを、徹底しているためです。そのため、選手は半袖半ズボンの肌身で、試合に出場する場合が多くあります。しかし、高校生まではヘッドキャップや、マウスピースの着用が必要です。

違いその2:ルール

アメフトとラグビーの防具についてわかりました。続いては、双方のルールの違いを紹介します。どちらもゴールに向かって、ボールをパスしながら走るので、ルールの違いは見分けにくいでしょう。実は、違いが多々あるので、詳しく解説していきます。

アメフト:複雑

アメフトのルールは、複雑といわれています。攻撃に関するルールが、複雑なイメージを与えているためです。ただし、これからアメフトを知っていきたいという方は、ひとまず基本ルールを押さえておくとよいでしょう。

基本ルールは、1プレーごとに試合がストップして、攻守がはっきりと分かれています。選手は15人で、交代に制限はありません。また、前に向かってのパスが可能です。

ラグビー:シンプル

ラグビーのルールは、アメフトと比較するとシンプルです。はじめてラグビーを観戦するという方は、基本のルールを押さえておくとよいでしょう。基本ルールは試合の中で、攻守が頻繁に入れ替わります。選手は11人で、交代可能人数は8人です。また、前に向かってのパスはできません。

違いその3:フィールド

アメフトとラグビーの防具や、ルールについてわかりました。続いては、フィールドについて紹介します。フィールドの大きな違いは、ゴールの形です。ゴールの形を見分けられたら、アメフトかラグビーかすぐにわかりますよ。

\次のページで「アメフト:Yのような形」を解説!/

アメフト:Yのような形

アメフトは四角いフィールドの両端に、Y型のゴールがあります。地上からクロスバーまでの高さは3.05mで、幅は5.64mです。両ポールの間で、クロスバーの上にボールを通すことでゴールとなります。また、アメフトでは距離を「y(ヤード)」で表すのが特徴です。

ラグビー:Hのような形

ラグビーもアメフトと同様に、四角いフィールドの両端にゴールがありますが、形はH型をしています。さらに、クロスバーの高さ・幅や、ゴールの仕方も同じです。また、距離については「y」を使わずに「m」を使います。

アメフト・ラグビーの試合の楽しみ方は?

image by iStockphoto

アメフトとラグビーについて、理解が深まったのではないでしょうか。最後は、双方の試合の楽しみ方を紹介します。一番楽しめる方法や、注目して欲しいポイントの紹介です。アメフトやラグビーに興味を持ったという方は、ぜひ試合を楽しみましょう。

会場で生の試合を観戦しよう!

アメフトやラグビーの試合で、おすすめの楽しみ方は会場での観戦です。アメフトもラグビーも初めての観戦であれば、基本ルールを予習して行くと、面白さにのめり込めるでしょう。また、選手たちのぶつかる音や声に、迫力が伝わってきます。

アメフトとラグビーの違いは「ルール」

アメフトとラグビーの違いは「ルール」です。アメフトはルールが複雑で、ケガ防止のため武具が必要となります。ラグビーのルールはシンプルで、ケガを防ぐルール設定のため、防具は任意です。どちらも試合は迫力があり、会場で観戦が楽しめます。

" /> 3分でわかるアメフトとラグビーの違い!防具やルール・フィールドの違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説 – Study-Z
趣味雑学

3分でわかるアメフトとラグビーの違い!防具やルール・フィールドの違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事ではアメフトとラグビーの違いについてみていきます。どちらも海外から日本に伝わったスポーツで、日本でも人気のイメージがあるよな。違いはずばりルールのようですが、他にも防具やフィールドが違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんなスポーツに欠かせないアメフトとラグビーの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、あらゆる分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多数記事を執筆してきた。この経験を生かし雑学の知識を分かりやすく解説していく。

ざっくりアメフトとラグビーの違いは?

image by iStockphoto

アメリカの人気のスポーツで思い浮かぶのが、アメフトとラグビーです。どちらも似たスポーツですが、違いを説明できる方は多くないでしょう。本記事は、双方の違いの紹介です。はじめにざっくり違いを紹介した後に、詳しく解説していきます。詳しく見ていきましょう。

アメフト:サッカーとラグビーから発案

アメフトとは、サッカーとラグビーから発案されたスポーツです。正式名は「アメリカンフットボール」で、アメリカで盛んに楽しまれています。アメリカでは野球が人気ですが、アメフトも劣らないくらい人気です。

また、アメリカで「フットボール」といえば、アメリカンフットボールを指します。

ラグビー:フットボールから派生

ラグビーとは、フットボールから派生したスポーツです。正式名は「ラグビーフットボール」で、1820年頃にイギリスではじまったとされています。また、ラグビーは超えてはいけない一線の手前で踏みとどまるルール設定のため、「紳士のスポーツ」として有名です。

違いその1:防具

image by iStockphoto

ざっくりアメフトとラグビーの違いがわかりました。ここからは、さらに深く掘り下げていきます。まず、防具の違いについて見ていきましょう。防具の違いが分かれば、試合中の選手たちの身なりで違いがわかりますよ。

アメフト:着用必須

アメフトは、防具の着用が必須となります。ボールを持っていない選手同士のぶつかり合いが、発生するためです。例えば、タックルは正面から来るので、防具がなければケガをする可能性が高くあります。アメフトの試合に出場するには、ヘルメットやショルダーの着用が必要です。

\次のページで「ラグビー:着用任意」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: