化学化学平衡物質の状態・構成・変化理科

逆反応とは?正反応との違いや向きを決める要因・活性化エネルギーなど理系ライターが分かりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。

今回のキーワードは「逆反応」「正反応」「化学平衡」だぞ。
化学反応には、正反応と逆反応がある。まずは、正反応と逆反応の違いを解説していくぞ。化学反応式は基本、反応物から生成物ができる「正反応」が起きる。逆反応だけで起こらない理由は何だろうか?その理由も解説していくぞ。
そして、正反応と逆反応が同時に起きる「化学平衡」についても解説していく。

今回は「正反応」「逆反応」「化学平衡」の違いを、化学に詳しいライターリックと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/リック

高校生で化学にハマり、大学院までずっと化学を勉強してきた化学オタク。今は化学メーカーで働きながら化学の楽しさを発信する。

ID: ↑パーツ内本文:60文字

化学反応には3つの状態がある?

image by iStockphoto

化学を勉強していると「化学反応」という言葉、聞いたことありますよね?化学反応とは、化学変化が起きる過程のことです。国語辞典やコトバンクで検索すると、下のように書いてありました。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

ある物質がそれ自身で、あるいは他の物質との相互作用によって、他の物質に変わる現象。この場合、物質を構成している原子どうしの間で組み替えがおこるが、原子の数はこの相互作用の前後で変わらない。

化学変化と同義語であるが、とくにその過程に注目するときに化学反応という。

出典:https://kotobank.jp/word/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%8F%8D%E5%BF%9C-43347#:~:text=%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%86-,chemical%20reaction,%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%80%82

ID: ↑パーツ内本文:397文字

この化学変化を図式で表したものを化学反応式と呼び、反応物を左辺、生成物を右辺に置き、反応が進む向きを矢印で書きます。ほとんどの化学反応式は反応物から生成物ができるので、矢印の向きは「右向き」ですね。けれど実は、矢印の向きは右だけではありません。

ほかにも「左向き」の矢印や「左右両方」の矢印の化学反応式があるんです。まずは化学反応式の矢印の向きごとに、解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:186文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3
Share: