ビジネス雑学

3分でわかる企業と会社の違い!目的や使い分け・表現方法などを雑学好きライターが詳しく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

個人事業主は、どのようなくくりになるのだろう?個人事業主は、会社には所属しない。ただし、個人事業は個人企業という言い方をする。企業の枠組みの中は、大きく法人と個人に分かれるんだ。つまり、個人事業主は企業のくくりである!

ID: ↑パーツ内本文:109文字

違いその3:表現方法

企業と会社の目的や、使い分けがわかりました。続いては、表現方法を紹介します。表現方法がわかると、日常の中で正しい言葉の使い方や、ビジネス会話の理解が深まりますよ。今まででわかった内容を振り返りながら、見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:109文字

企業:「その企業は麺を製造している」

企業の表現方法は、法人や会社の意味も含まれます。例えば、「この企業は麺を製造している」や「あの頃は不景気で、多くの企業が倒産した」などです。企業の言葉を使う際は、社会の経済活動において広い意味を持ちます。

ID: ↑パーツ内本文:102文字

会社:「会社の業績が悪い」

会社の表現方法は、よく私法人の枠組みとして使われます。例えば、「会社の業績が悪い」や「会社の上司が決めたことに従う」などです。他にも、営利法人の経済活動について、話し合うときにも使われます。企業よりも会社の方が、表現方法は多いでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:118文字

企業・会社と似ている法人とは?

image by iStockphoto

ここまでで、企業や会社について理解が深まったでしょう。最後は、企業と会社とよく似た言葉の法人について解説します。意味も似ていますが、カテゴリーも似たような分類なので、知っておきたい内容です。詳しくみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

法律上の権利や義務が発生する組織

法人とは、法律によって個人と同じような権利や、義務を負うことを認められた組織のことです。法人は、利益や公益などを目的としています。また、私的な活動をしている法人と、国家のために活動している法人に分けられるのが特徴です。

ID: ↑パーツ内本文:109文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kuma55