ビジネス雑学

3分でわかる企業と会社の違い!目的や使い分け・表現方法などを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では企業と会社の違いについてみていくぞ。どちらも似たような言葉の意味で、ビジネスの分野でよく使われるイメージがあるよな。違いはずばりカテゴリーのようだが、目的・使い分け・表現方法が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんなビジネスに欠かせない言葉の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

ざっくり企業と会社の違いは?

image by iStockphoto

企業と会社はとても似た言葉です。同じ意味だと思っていた方も多いでしょう。実は、意味が異なります。本記事は、企業と会社の違いについての紹介です。双方の違いを知れば、ニュースや新聞などでより理解が深まるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:104文字

企業:事業の企てをすること

企業とは、事業の企てをする組織です。営利を目的として、経済活動をします。社会に有益な機能を果たすための存在です。社会的企業を区別するため、営利企業とも呼ばれています。また、農家や飲食店なども、サービスを生産しているため「企業」です。

ID: ↑パーツ内本文:116文字

会社:利益を追求する法人

会社とは、利益を追求する法人のことです。営利行為を目的として、会社法によって設立された社団法人を指します。株式会社・合同会社・日本法上などのことです。会社は事業をするための組織を表し、利益を追求しています。

ID: ↑パーツ内本文:103文字

違いその1:目的

image by iStockphoto

ざっくり企業と会社の違いがわかりました。ここからは、さらに深く掘り下げていきましょう。この章では、双方の目的の違いについて紹介します。企業と会社の目的の違いは、これから就職を控えている方にとって、知っておきたい内容です。

ID: ↑パーツ内本文:110文字

企業:社会的責任を果たす

企業の目的は、社会的責任を果たすことです。今までは企業の第一目標は、利益の追求だといわれてきました。間違いではないのですが、近年は利益を上げることだけが目的ではないといわれています。もう一つの目的は、顧客の創造です。

ID: ↑パーツ内本文:108文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kuma55