国語言葉の意味

【慣用句】「窮余の一策」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「窮余の一策」について解説する。

端的に言えば窮余の一策の意味は「追いつめられた際にとっさに浮かんだ計画のこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で7年間のライター経験を持つeastflowerを呼んです。一緒に「窮余の一策」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な7年目のライター、eastflower。「窮余の一策」の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説していく。

「窮余の一策」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「窮余の一策」(きゅうよのいっさく)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「窮余の一策」の意味は?

まずは、「窮余の一策」の国語辞典の意味を見ていきましょう。併せて「窮余」(きゅうよ)の意味もご紹介しましょう。

【窮余の一策】
1. 苦しまぎれに思いついた、一つの手段。
出典:日本国語大辞典(精選版)「窮余の一策」

【窮余】
1.追い詰められて、困ったあげく。苦しまぎれ。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「窮余」

「窮余の一策」(きゅうよのいっさく)の「窮余」(きゅうよ)とは、「追い詰められた苦しまぎれの状況」のことで、「一策」(いっさく)とは、「ひとつのはかりごと、策略、考え、手段」のことです。「窮余の一策」は、辞書で説明されているとおり、「追い詰められた状況の中で思いついてとった手段」のことになります。

「窮余の一策」の語源は?

次に「窮余の一策」の語源を確認しておきましょう。「窮余の一策」がいつから使われるようになったのかははっきりしませんが、「窮する」(きゅうする)の「窮」の字は古くからあり、日本の書物でも15世紀には既に使われています。追いつめられて、困った状況の中で、その場で思いついた手段を取るのは人間の本能のひとつかもしれないですね。

\次のページで「「窮余の一策」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: