体の仕組み・器官理科生き物・植物生物

ウィリアム・ハーベーってどんな人?血液循環の実験についても現役理系学生が解説

よぉ、桜木建二だ。みんなはウィリアム・ハーベーという人物を知っているだろうか。高校生物ではほとんど登場することはないが、動物の血液は体内を循環していることを発見した医者なのだ。そんなウィリアム・ハーベーはどんな人だったのか、どのように血液循環を発見したのかなどについて、生物に詳しいライターききと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
tekisasu97

ライター/きき

大学生の頃は農学部に所属し植物のことを勉強した。現在は大学院に進学し植物のことを研究中。生物や植物の面白さを伝えられるライターを目指している。

ID: ↑パーツ内本文:71文字

ウィリアム・ハーベーの生い立ち

医師であるウィリアム・ハーベーはどういった人生を送ってきたのでしょうか。ここでは、まず、彼の生い立ちについて解説していきます。

ID: ↑パーツ内本文:63文字

誕生から幼少期まで

image by iStockphoto

ウィリアム・ハーベー(William Harvey)は1578年4月1日にイングランド南東部のケントにある港町・フォークストーンにて、市長の長男として誕生しました。10歳頃にグラマースクールに通い、そこでラテン語と弁論について学んだそうです。

ID: ↑パーツ内本文:121文字

学生時代

1593年から1599年までケンブリッジ大学ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジで自然哲学・政治学・道徳・修辞学を学び、学士号を取得しました。しかし、次第に大学に行かなくなってしまったと言われています。次に、イタリアのパドヴァ大学へ留学し、解剖学者であるファブリキウスの下で学び、1602年に医学博士の学位を取得しました。

ID: ↑パーツ内本文:161文字

医師になる

医学博士の学位を取得した年に、イングランドに帰国し、ロンドンで病院を開業しました。1604年にイングランドで最も古い医師会である英国王立内科医師会へ入会。順調に昇進し、医師会の外科講座の講師を約40年も務める、ヨーロッパで最古の病院である聖バーソロミュー病院の内科に選出されるなど、医師として様々な実績を残していきました。

ID: ↑パーツ内本文:161文字

国王の侍医になる

ウィリアム・ハーベーは、国内で名医として有名になり、1618年に当時の国王であったジェームズ1世侍医になりました。国王以外にも有名な貴族や官僚にも仕えたと言われています。

ジェームズ1世が亡くなった後、1625年からチャールズ1世に仕えることに。ウィリアム・ハーベーはチャールズ1世の数多くの遠征や狩猟に同行したと言われ、そこで多くのシカの死骸を解剖し、観察と実験を行いました。この経験を生かして、1628年にあの「血液循環説」を発表したのです。しかし、当時の多くの学者はこの説を反対していたと言われています。

ID: ↑パーツ内本文:257文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tekisasu97