室町時代日本史江戸時代鎌倉時代

5分でわかる禅宗!宗派は日本では4つ?いつ伝わった?どんな教え?座禅を組むだけが禅宗ではないことを現役講師ライターが詳しく解説!

禅宗という仏教の宗派は知っているな。よく、マンガなどで座禅を組んで、動くと肩を叩く修行がイメージに湧くと思う・だが、禅宗と聞いて日本にいつ伝わったか、宗派がいくつあるかは詳しく知らない人も多いだろう。
今回は禅宗について、日本史の中でも仏教史や古代中世の文化史が大好きな現役講師ライター明東碧吾と詳しく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hekigo1525

ライター/明東碧吾

現役塾講師で専門科目の社会の授業はわかりやすいという定評がある。古代・中世の文化史が大好きで、文化財鑑賞の旅へも出かける。

ID: ↑パーツ内本文:61文字

禅宗とは何か?教えや伝来時期をチェックしよう!

image by iStockphoto

禅宗は皆さんの中では座禅を組んで、棒で叩かれながら修行をしているというイメージが強いでしょう。確かに禅宗では座禅を修行の一環で行っています。しかし、それだけではないのが禅宗です。では、どのような考え方で日本にはいつ伝わってきたのかを見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:125文字

禅宗の基本的な教えは何だろう?

Bodhidharma Shaolinsi.JPG
Jiulongtang投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

禅宗は南インド出身の達磨大師が座禅をすることで確立した宗派です。サンスクリット語の音でディアーナを「禅那」と音写し、略して禅となりました。仏教の禅那とは心が動揺することがなくなった状態のことを指します。

達磨大師は禅那に至るための方法として座禅をすることで確立しました。達磨大師は禅那に到達した状態を四聖句という言葉でまとめています。それが「不立文字」「教外別伝」「直指人心」「見性成仏」です。これらは言語や論理での伝達の不可能性を強調した上で、座禅を通じて無分別の智慧に到達するという達磨大師の考えを表しています。

ID: ↑パーツ内本文:259文字

日本に伝わったのはいつ?

禅宗の伝来は日本では栄西が臨済宗を伝えたことが起源となっています。しかし、禅宗は平安時代に一度伝来していたのです。嵯峨天皇の皇后の橘嘉智子に招かれて来日した義空が京都で禅の講義を行ったとされています。

しかし、禅の考え方は当時の日本には支持者が少なく、広がることがありませんでした。また、中国でもまだ禅の教えが広がる最中だったため、拡大する勢いがなかったのです。

中国の宋朝(南宋)の時期に禅宗は中国で隆盛を極めます。その中で、栄西臨済宗黄龍派を日本に伝え、修行が武士の考えに合っていたことから、日本で禅宗が広まるようになったのです。

ID: ↑パーツ内本文:270文字

日本に伝来した禅宗は4つ?

禅宗といえば、栄西が伝えた臨済宗道元が伝えた曹洞宗の二宗派が鎌倉の新興仏教として広がりました。しかし、日本にある禅宗は実を言うと4つあります。あと2つ足りませんね。

まず1つが、1254年に伝来した普化宗です。普化宗は江戸時代に幕府に保護され、広がりましたが、明治時代に入ると政府により解体されました。今は明暗寺で教えが再興されて、現存しています。

もう一つは黄檗宗です。黄檗宗は江戸時代に来日した隠元隆琦によって確立した宗派で、京都の萬福寺を総本山として唐人屋敷が多かった長崎と京都で広がりました。

ID: ↑パーツ内本文:253文字

日本に伝来した禅宗1:臨済宗とは?

日本に伝来した禅宗のうち、一番初めに伝来したのが栄西が伝えた臨済宗です。臨済宗は中国の禅宗でも大きな宗派で臨済義玄が開祖とされ、流派も多岐にわたります。栄西はその中で臨済禅を日本に伝え、臨済宗の開祖となりました。

では、その臨済宗とはどのような宗派なのかを見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:138文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hekigo1525