趣味雑学

3分でわかる洋楽と邦楽の違い!歌い方やリズム・構成の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

洋楽:まっすぐ歌う

洋楽の場合、まっすぐ歌います。また、母音よりも子音の発音を強調して歌うのが特徴です。そのため、子音がはっきりと聞こえるでしょう。英語の発音の仕方が子音を強調するため、このような歌い方になるといわれています。

邦楽:しゃくりが多い

邦楽は、洋楽よりもしゃくりを多用します。特に、頭の一音をしゃくる頻度が高い傾向です。また、子音よりも母音の発音を強調します。理由は、日本語は子音を強調する話し方をしないためです。洋楽と違って、邦楽は強く発音する歌い方ではありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

洋楽と邦楽では、声質にどのような違いがあるのだろうか?洋楽はパワフルな声質だが、声帯自体にはあまり力が入っていない。邦楽は透明感のある声質で、繊細に聞こえるだろう。欧米人と日本人では、声帯以外に骨格の違いも関連しているといわれている!

違いその2:リズム

洋楽と邦楽の歌い方についてわかりました。では、リズムの取り方にはどのような違いがあるのでしょうか。リズムの取り方に、違いはないと思われるかもしれませんが、実は大きな違いがあります。この章を読めば、音楽をより楽しめるようになるでしょう。

洋楽:裏打ち

洋楽のリズムは裏打ちで、立体的なノリを感じやすくなります。リズムが交差すると、高揚感を感じられるでしょう。ジャズやレゲェの音楽が、イメージしやすいかと思います。裏打ちの理由は、英語は言葉の後ろを強調することが多いためです。

邦楽:表打ち

邦楽のリズムは表打ちで、単調なリズムに感じるでしょう。演歌や民謡などは、表打ちの手拍子です。日本人の場合、裏打ちは意識する必要がありますが、表打ちは自然にできます。その理由は、日本語は言葉の前を強調することが多いためです。

\次のページで「違いその3:構成」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: