趣味雑学

3分でわかる洋楽と邦楽の違い!歌い方やリズム・構成の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では洋楽と邦楽の違いについてみていくぞ。どちらも日本で愛されていて、曲の分類わけに使われている言葉のイメージがあるよな。違いはずばり国のようだが、歌い方・リズム・構成が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいだ。
今回はそんな音楽に欠かせない洋楽・邦楽の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり洋楽の邦楽の違いの違いは?

image by iStockphoto

音楽は古くから、人々に愛されてきました。ただし、同じ音楽でも国によって、特徴に違いがあります。洋楽や邦楽には、どのような違いがあるのでしょうか。本記事では、洋楽や邦楽の違いを紹介します。最初はざっくりとした違いの解説です。

洋楽:西洋音楽

洋楽は西洋音楽の略称で、日本以外で制作された音楽を指します。主にアメリカやイギリスで制作された、ポップス・ロック・クラシック・ジャズなどです。国内に導入されたのは明治時代頃ですが、日本の音楽に影響を受けているのは、19世紀頃に欧米から導入された音楽といわれています。

邦楽:日本音楽

邦楽は日本音楽の略称で、日本人が作った音楽のことです。日本古来の音楽の総称でもあります。そのため、別名は「和楽」「国楽」です。近年では、J-POPやジャパニーズ・ロックの意味で使われることが多くあります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

洋楽と邦楽は、どのような文化を持っているのだろうか?海外はクラブやパーティーなどの文化があるため、踊れる音楽が流行りやすい。日本は、アーティストのアイドル性が重要視されることが多い。他にも、洋楽は大人っぽい雰囲気の音楽が好まれ、邦楽は可愛らしい音楽の人気が高いぞ!

違いその1:歌い方

image by iStockphoto

ざっくりと洋楽と邦楽の違いが分かりました。ここからは、さらに深く掘り下げていきましょう。はじめに双方の歌い方の違いについて紹介します。歌い方の違いがわかると、日本人が洋楽をかっこよく歌いこなすコツが掴めますよ。

\次のページで「洋楽:まっすぐ歌う」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: