雑学食べ物・飲み物

3分でわかる洋梨とラフランスの違い!見た目や原産地・栄養の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

この記事では洋梨とラフランスの違いについてみていきます。どちらも甘くて香りが芳醇で、ヨーロッパの果物のイメージがあるよな。違いはずばり種類のようですが、見た目・原産地・栄養が違うなど調べてみるといろいろ違いがあるみたいです。
今回はそんなお洒落な果物に欠かせない洋梨・ラフランスの違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していきます。

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ざっくり洋梨とラフランスの違いは?

image by iStockphoto

おしゃれな果物といえば、洋梨やラフランスが思い浮かぶ方は多いでしょう。どちらも見た目が似ているため、区別しづらい果物です。本記事では、双方の違いを紹介します。見た目や原産地、栄養などが詳しく分かりますよ。はじめにざっくり解説します。

洋梨:バラ科ナシ属

洋梨はバラ科ナシ属で、ヨーロッパが原産です。「西洋梨」と呼ばれることもあります。起源は中国ですが、西ヨーロッパに移動して分化しました。ドイツやイギリスで栽培されるようになったのは、16世紀頃といわれています。

洋梨はねっとりした食感と甘さが特徴で、香りがとても芳醇です。

ラフランス:洋梨の一種

ラフランスは洋梨の一種で、フランスが原産です。1864年にフランスのクロード・ブランシュが発見しました。フランスを代表する美味しい果物という意味で、「ラフランス」と名付けられました。

また、日本でもラフランスは栽培されていますが、山形県には樹齢100年以上の木が存在しています。

違いその1:形

image by iStockphoto

洋梨とラフランスについて、ざっくり違いが分かりましたが、見た目にはどのような違いがあるのでしょう。この章では、双方の形の違いを紹介します。イメージが湧きやすくなったり、形で見分けられるようになったりしますよ。

\次のページで「洋梨:ひょうたんのような形」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: