化学理科生活と物質生物

ノーベル賞を受賞した大村智って何をした人?功績や名言について現役の研究者が詳しく解説!

よぉ、桜木建二だ。今日は大村智について学習していこう!大村先生はアベルメクチンの発見を含む寄生虫感染症治療法の開発研究が評価されノーベル生理学・医学賞を受賞した化学者だ!大学で化学を学び、今も現役の研究者として活躍する化学に詳しいライターポスドクランナーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
tmat13

ライター/ポスドクランナー

大学で有機化学や合成化学、生物学について学び、化学や生物に精通している。現在も研究者として活動を続ける傍ら、市民ランナーとしても多くのマラソン大会に出場している現役のランナー。

ID: ↑パーツ内本文:88文字

大村智って何をした人?詳しく解説!

Satoshi Ōmura 5040-2015.jpg
Bengt Nyman投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

大村智(おおむらさとし)は、天然物化学が専門の日本の化学者です

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。大村先生の研究は土壌に生息する微生物がつくる化学物質の中から役に立つものを探し出す研究です。これを45年以上続け、これまでに500種類近くの新たな化合物を発見し、そのうち20種類以上のものが医薬、動物薬、農薬、研究用の試薬として実用化に結びついています。そのうちの一つがノーベル賞の受賞の理由にもなったアベルメクチンです。

ID: ↑パーツ内本文:221文字

大村智はどうしてノーベル賞を授賞できたの?

image by iStockphoto

大村先生は2015年に、ノーベル生理学・医学賞を受賞していますが、これはアベルメクチンの発見を含む寄生虫感染症治療法の開発研究が評価されたからです。ウイリアム・キャンベルと共同で贈られています。

1974年に、静岡県伊東市のゴルフ場の土の中から新たな放線菌ストレプトマイセス・アベルミティリス(S.avermectinius)を発見したのが始まりです。大村生物はこの放線菌が作り出す化合物としてアベルメクチンを発見し、アメリカの製薬会社と一緒に、アベルメクチンの合成化合物として、「イベルメクチン」を発見・開発しました

「イベルメクチン」は当時、予防や治療が難しかった線虫類やダニ、ウジなど寄生虫で起こる病気に対して高い効果があったことが評価されました。現在では、イベルメクチンは商品名「ストロメクトール」として、重症の場合に失明することもある寄生虫病オンコセルカ症(河川盲目症)及びリンパ系フィラリア症(象皮症)の特効薬や、疥癬や糞線虫症の治療薬として世界中で使用されています。

ID: ↑パーツ内本文:443文字

大村智の生い立ち①:誕生から大学院進学まで

大村先生は1935年、山梨県北巨摩郡神山村(のちの韮崎市)で村の有力者である大きな農家の長男として生まれ、将来は農家を継ぐよう農作業を教え込まれていたため、勉強はほとんどしていませんでした。

1958年に山梨大学卒業後、東京都立墨田工業高等学校の夜間部の教師として働くのですが、そこで昼は工場で働き、夜は真剣に勉強する生徒に触発され、もう一度勉強し直したいと考えるようになります。その後、大学院に進学し、研究について学び博士号を取得し、アメリカへの留学を経て北里研究所の抗生物質研究室の室長に就任するのです。

ID: ↑パーツ内本文:255文字

大村智の生い立ち②:開発からノーベル賞受賞まで

そして、1974年に静岡県の土壌からストレプトマイセス・アベルミティリスを分離・培養し、メルク社のウィリアム・キャンベルらと共に、アベルメクチンとその化合物イベルメクチンを開発します。

その後は2001年に、北里大学の大学院の研究部門である「北里生命科学研究所」を創設し、初代所長と教授を兼務し、2002年から2007年まで北里大学の大学院教育部門である「感染制御科学府」でも教授を務め、2007年に北里大学の名誉教授となり、2013年には、北里大学の特別栄誉教授となるです。そして、2015年アベルメクチンの発見を含む寄生虫感染症治療法の開発の研究が評価され、ノーベル生理学・医学賞をします。

ID: ↑パーツ内本文:298文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ゴルフ場の土壌から薬を作り出す放線菌を発見したなんてスゴいな!何事も諦めないことが大事だと認識させられるな。大村先生は数多くの名言を残しておられるんだ。どれも心に響くものばかりだ!次で詳しく見ていこう。

ID: ↑パーツ内本文:101文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
tmat13