現代社会

なぜ建国記念日ではなく建国記念の日?2月11日になった理由や制定されるまでの過程などを歴史好きライターが分かりやすく解説!

紀元節の復活運動

1948(昭和23)年に廃止された紀元節でしたが、多くの人が紀元節の復活を望んでいました。そこで、国会では「建国記念日」を制定しようとする動きが生まれます。1950年代から、議員立法などで「建国記念日」法案の提出が何度も行われていました。

しかし、当時の野党第一党であった日本社会党が、建国記念日制定を強く反対。自由民主党による法案提出を、保守反動であると非難していました。1963(昭和38)年の衆議院内閣委員会では、強行採決に反対する社会党議員が体当たりで阻止を試みるといった事態にもなっています。

法令の成立

「建国記念日」制定を巡る論議が重ねられた結果、1966(昭和41)年に祝日法改正法案は成立しました。しかし、この法案は、妥協を重ねた末に生まれたものです。まず、祝日の名称は「建国記念の日」とし、日本が建国されたという事象を記念する日とも解釈できるようにしました。

そして、祝日法案には日付を明記せず、日を定める際には建国記念日審議会に諮問するものと規定。先に祝日を作ることだけを決めてから、後で日付を話し合うこととしたのです。法案成立から約半年後、審議会からは建国記念の日を2月11日にすべきという答申が提出され、その日のうちに「建国記念の日となる日を定める政令」が公布されました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

1966年に内閣広報室が世論調査を行い、建国記念の日はいつが良いのかを質問したぞ。結果は、約半数がもとの紀元節である2月11日を推したのだ。当時の人たちには、2月11日に日本の建国を祝うのが自然であると思われていたようだな(以下、いつでも良い、日本国憲法施行の5月3日と続く)。しかし、その世論調査からはすでに50年以上が経過しているので、改めて世論調査するのもいいかもしれないな。

建国記念の日に問題はあるのか?

image by iStockphoto

国民の祝日として制定されてから50年以上が経過した建国記念の日ですが、未だに異議を唱える人がいます。果たして、建国記念の日に何か問題はあるのでしょうか。

一部で反対論

建国記念の日には、毎年反対派による集会が開かれています。反対派に共通するのは、天皇制にも反対していることです。そもそも建国記念の日を神武天皇の即位日であるとされる2月11日と定めたため、天皇制反対派が建国記念の日に反対するのも無理はありません。

特に建国記念の日を反対する声が大きいのは、日本共産党です。神武天皇の存在は科学的にも歴史的にも根拠がないとして、神武天皇の即位日が元となっている建国記念の日を反対し続けています。建国記念の日の他にも、天皇誕生日や昭和の日にも日本共産党は反対。国民の祝日に対して独特のスタンスを取っています。

建国記念の日を詳しく知らない人が多い

2020年1月に実施された、建国記念の日に関するアンケートがあります。まず、2月11日が建国記念の日であることを前提した上で「日本の『建国』とは何のことを指しているか知っていますか?」と質問。「知っている」と答えたのは、全体の4割程度でした。

さらに、「知っている」と答えた人に「『建国記念の日』とは、何を記念する日ですか?」と重ねて質問。「神武天皇の即位」などと答えたのは、3分の1程度でした。このように、建国記念の日の意味がよく知られていないという結果が出ています。建国記念の日を意義あるものとするためには、まずは政府などが周知する努力は必要でしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

建国記念の日をいつにするのかについては、いろいろな案が出されたようだ。日本国憲法施行日の5月3日や、サンフランシスコ講和条約が発効した4月28日、聖徳太子が十七条憲法を制定したとされる4月3日などが候補となった。しかし、最終的に2月11日が建国記念の日となったな。みどりの日などの日付が移動する中、建国記念の日は1966年からずっと2月11日のままだ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: