現代社会

なぜ建国記念日ではなく建国記念の日?2月11日になった理由や制定されるまでの過程などを歴史好きライターが分かりやすく解説!

根拠とされる日本神話の伝承

奈良時代に成立した歴史書である『古事記』や『日本書紀』では、神武天皇を初代の天皇と伝えています。『日本書紀』では、神武天皇の即位について記述。それによると、神武天皇が即位した日は「辛酉年春正月庚辰朔」です。「かのととりどしはるしょうがつかのえたつついたち」と読みます。

『日本書紀』は日本神話を元としている記述が多く、史実としての信ぴょう性に疑問があるのは言うまでもありません。しかし、明治時代になり「辛酉年春正月庚辰朔」を西洋暦に換算。紀元前660年2月11日を神武天皇即位の日と推定しました。それ以降、2月11日を日本建国の日として祝おうとする動きが生まれます。

紀元節が制定されるまで

1872(明治5)年、太政官布告により、1月29日が祝日となりました。1月29日は旧暦でいう1月1日、つまり元日です。翌年発令された太政官布告では、さらに祝日が新たに生まれます。そのうちの1つが神武天皇即位日で、2月11日ではなく1月29日に、諸々の式典が執り行われました。

その後、神武天皇即位日は紀元節と改称。日付も「辛酉年春正月庚辰朔」から推定された2月11日に変更されます。その法令は1874(明治7)年より適用され、初めて紀元節が祝われました。皇室では紀元節祭が新たに宮中祭祀として加えられ、天皇親祭の祭儀が行われるようになります。

紀元節の廃止

2月11日が紀元節と定められてからは、毎年2月11日にさまざまな行事が全国で行われるようになります。建国祭の式典が各地で開催されました。大日本帝国憲法の発布が2月11日となり、その日がさらに特別な意味を帯びるように。神社でも、皇室と同様に紀元節祭が行われました。

特に1940(昭和15)年は、神武天皇の即位から2600年とされ祝賀ムードに。紀元二千六百年を記念する行事が盛大に挙行されました。しかし、終戦後にGHQの指導で紀元節を祝日とする法律が削除されます。1948(昭和23)年に、紀元節は廃止となりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

かつて紀元節には、小学校などで『紀元節』という題名の文部省唱歌が歌われていたぞ。1888年発表で、作詞は高崎正風、作曲は伊沢修二だ。今ではその曲の存在を知らない人が多いだろう。しかし、昭和一桁世代にはとても懐かしい曲らしいな。

建国記念の日が制定されるまで

image by iStockphoto

では、なぜ建国記念の日は制定されたのでしょうか。成立までの道のりを見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: