物理理科

アルキメデスは何をした人?生涯や発見・アルキメデスの原理・浮力についても阪大院卒ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。アルキメデスを知ってるか?古代ギリシアで活躍した人物で、数学や物理で大きな発見を残した偉大な人物だ。ただ、彼のエピソードで1番有名なのは「ヘウレカ!」と叫んで風呂から飛び出し素っ裸で街を駆け回ったことだろう。このとき彼は何を発見したのか?今回はアルキメデスの原理について物理に詳しいライターの小春と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小春(KOHARU)

見た目はただの主婦だが、その正体は大阪大学大学院で化学を専攻していたバリバリの理系女子。大学院卒業後はB to Bメーカーで開発を担当し、起きている現象に「なぜ?』と疑問を持つ大切さを実感した。

【大見出し1】アルキメデスってどんな人?何をしたの?

image by iStockphoto

まずは、アルキメデスがどんな人でどういった発見をしたのか、ざっくり分かりやすく解説します!

アルキメデスの人生

image by iStockphoto

アルキメデスはアルファベットでArchimedesと書きます。紀元前287年頃 ~紀元前212年頃にギリシアで活躍した科学者です。

アルキメデスは、シチリア島のシラクサ(シラキュース)という場所で裕福な家庭に生まれました。アルキメデスの父親は天文学者であり、父から数学、天文学、力学などの勉強を教わったとされています。

学問の中心地であるアレクサンドリアに留学し、ユークリッドの孫弟子として勉強しました。理論を技術的に応用して、ポンプやクレーン、プラネタリウムを発明したと言われています。

アルキメデスは、住んでいた街シラクサがローマ軍に占領されたときに亡くなりました。75歳でした。アルキメデスを刺殺したローマ兵は若く、アルキメデスのことを知らなかったと伝わっています。

アルキメデスが発見したものとは?

アルキメデスの大きな業績は2つです。順番に説明しましょう。

1つ目はてこの原理の発見です。支点(てこの棒を支える点)、力点(力を加える点)、作用点(力が働く点)の位置関係と、加える力と作用する力の関係を発見しました。

2つ目は浮力の原理の発見です。浮力の原理とは、液体の中の物体は、物体の体積と同じ重さ分の液体から力を受けることを指します。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

今回はこのアルキメデスが発見した浮力について、深掘りしていくぞ。

アルキメデスの原理とは?

image by iStockphoto

アルキメデスの原理と呼ばれる原理があります。これは先ほど説明した「浮力」のことです。浮力とは、流体中にある物質に働く上向きの力のことを指します。お風呂やプールで身体が軽く感じたことはありませんか?これは浮力による現象なのです。

次のページを読む
1 2 3
Share: