国語言葉の意味

【慣用句】「声を呑む」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「声を呑む」と非常によく似た表現に「息を呑む」がある。「声を呑む」が声が出なくなる様子を表しているのに対し、「息を呑む」は一瞬息を止めることを意味している。似た表現のため、違いに注意してそれぞれ使い分けていこう。

「声を呑む」を使いこなそう

この記事では「声を呑む」の意味・使い方・類語などを説明しました。「声を呑む」は極度の感動・驚き・緊張などから声が出なくなること、または言いかけて途中でやめることを意味する慣用句です。二種類の意味をもった言葉のため、前後の文脈に注意して意味を読み取っていきましょう。

また類義語には「息を呑む」、「口を噤む」、「唖然」、「言葉を失う」、「言葉を呑む」などがありました。それぞれ少しづつニュアンスが違うため、細かい意味や使われる場面を確認しつつ、使い分けていきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

1 2 3 4
Share: