国語言葉の意味

【慣用句】「声を呑む」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「声を呑む」について解説する。

端的に言えば声を呑むの意味は「驚きや緊張から声が出なくなる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んだ。一緒に「声を呑む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「声を呑む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「声を呑む」の意味や語源・使い方を一覧でご紹介していきます。またその他「声を呑む」は分類としては日本語の慣用句であるという点も抑えておきましょう。

「声を呑む」の意味は?

「声を呑む」というキーワードを精選国語辞典・辞書・事典・故事ことわざ辞典、ネット上の無料データベースサービス「コトバンク」で用語検索してみると、次のような記載があります。こちらの引用をまず確認していきましょう。

1.極度の感動・驚き・緊張などのために声が出なくなる。また、言いかけて途中でやめる。「あまりの美しさに―・む」「うわさの当人が急に現れたのであわてて―・む」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「声を呑む」

「声を呑む」は極度の感動・驚き・緊張から声が出なくなること、または言いかけて途中でやめることを意味する慣用句です。強い感動等から声が出なくなること、言いかけた言葉を途中でやめることと、2種類の意味をもっている点に注意しましょう。どちらの意味で使われているか、文脈から読み取る必要があります。

書籍・新聞等の文章中を中心に現在も使われている言葉です。口語では基本的に使われていないため、こちらの点もあわせて覚えておきましょう。感動・驚き・緊張といった強い感情から、声を失ってしまう。「声を呑む」はこうした意味を表している言葉です。

「声を呑む」の語源は?

次に語源を確認しておきましょう。残念ながら「声を呑む」の語源は現在はっきりとはしていません。語源ははっきりとはしていないと覚えておきましょう。またあわせて「声を呑む」がいつ頃から使われだした言葉なのかという点についても確認しておきましょう。

1252年の十訓抄では「早く及第すべきよし勅定をくだされしかば、その時博士ども、声を飲みて止みにけり」 としてこの言葉が登場しています。こちらを見ると「声を呑む」は非常に古くから使われている言葉ということがわかりますね。こちらもあわせて覚えておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: