公民大正現代社会

「護憲三派」とは?いつ結成された?政策は?結成からその後の護憲三派内閣成立まで現役講師ライターが細かくわかりやすく解説!

よぉ、桜木健二だ。護憲三派という政党を知っているか。名前に護憲とつくからには大正時代の護憲運動に関わりがあることはわかるだろう。
今回は護憲三派の結成とその後に成立した護憲三派内閣について詳しい内容を現役塾講師ライターの明東碧吾と一緒に詳しく見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/明東碧吾

現役で塾講師を務めているライターです。専門科目の社会科の指導には定評があり、いつも楽しく覚えられる授業を展開しています。

護憲三派とは?まずは基本情報を確認

image by iStockphoto

護憲三派とは三つの政党から構成された派閥であったことから護憲三派と言われます。また、護憲という言葉で大正時代に起きた護憲運動に関連することはわかりますね。

では、結成時期やどういった派閥であるのかを詳しく見ていきましょう。

結成はいつ?なぜ結成された?

護憲三派は1924年に成立した清浦奎吾内閣に反対するために起きた第二次護憲運動を主導した三つの政党になります。1924年に成立した清浦奎吾内閣は超然内閣といって、議会や政党の意見に関わりなく政治を行う内閣でした。

また、この時期に普通選挙を求める声も上がっていました。普通選挙を求める運動が超然内閣に対抗するようになり、「普選断行・憲政擁護・貴族院改革」をスローガンに第二次護憲運動を起こしました。この運動の中心になったのが護憲三派なのです。

キーパーソン・代表は誰?

Kato takaaki.jpg
Mochizuki, Kotaro – Japan to-day; a souvenir of the Anglo-Japanese exhibition held in London 1910 https://archive.org/details/japantodaysouven00mochrich/, パブリック・ドメイン, リンクによる

では、護憲三派を構成した政党は何だったのでしょうか。まず主力になったのが加藤高明を中心とする憲政会でした。憲政会は原敬内閣の国民人気の高さが影響して、議席数などを伸ばせずにいました。しかし、普通選挙実現を主張して、第二次護憲運動前には都市部で強い政党になっていきました。

続いて、普通選挙実現を主張していた犬養毅の革新倶楽部も清浦奎吾内閣に反対します。そして、この二つの政党に呼応したのが、高橋是清率いる立憲政友会でした。これら三つの政党が清浦内閣反対を要求し、手を組んだのが護憲三派です。

護憲三派内閣とは?護憲三派と何が違う?

護憲三派内閣とは第二次護憲運動後に成立した加藤高明内閣のことを指します。護憲三派が1924年の衆議院議員選挙で大勝しました。中でも憲政会の議席数が多かったので、総裁である加藤高明が内閣総理大臣になりました。

また、その内閣には農商務大臣に立憲政友会の総裁である高橋是清が就任しました。同時に革新倶楽部の総裁の犬養毅も逓信大臣に就任し、護憲三派の政党の議員が加藤高明内閣で大臣に就任しました。

つまり、護憲三派の政党で政党内閣を形成したのです。だから、護憲三派内閣と呼ばれるようになりました。

\次のページで「護憲三派の各政党の主張・特徴はどんなだった?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: