化学化学平衡無機物質理科

3分で簡単ヴィルヘルム・オストヴァルトの功績!硝酸の製造法を発明した人物を理系学生ライターが徹底わかりやすく解説

今回は「ヴィルヘルム・オストヴァルトの功績」について解説していきます。

ヴィルヘルム・オストヴァルトは化学者で、硝酸の工業的な大量生産方法である『オストヴァルト法』を発明した人物です。この発明は人類の歴史の中でもターニングポイントになったような出来事と言えるでしょう。今回は、オストヴァルトがどのように学問と向き合い、世紀の大発明を成し遂げたのかを解説します。ぜひ、この機会にヴィルヘルム・オストヴァルトの功績について学んでくれ。

化学に詳しいライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。資源材料学、環境化学工学、バイオマスエネルギーなども勉強中。

ヴィルヘルム・オストヴァルトについて学ぼう!

image by iStockphoto

この記事では、ヴィルヘルム・オストヴァルトという化学者についてご紹介します。ヴィルヘルム・オストヴァルトは、硝酸の大量生産を可能にしたオストヴァルト法を発明した人物であり、高校化学の教科書にも載っているほど著名な人物です。この人物が人類の文明に与えた影響は計り知れません。

今回は、オストヴァルトがどのような人生を送り、その人生の中で彼がどのような発見や発明をしたのかという点を詳しく解説していきますね。そして、現代の科学技術にも繋がっているオストヴァルトの実績を化学・物理学の視点で深堀していきます。それでは早速、ヴィルヘルム・オストヴァルトについての解説をはじめますね。

オストヴァルトのプロフィール

最初にヴィルヘルム・オストヴァルトという人物の簡単なプロフィールについて説明します。オストヴァルトは1853年にロシア帝国で生まれ、その後1932年に亡くなるまでドイツで暮らしていました。学者として活躍していた時期は、ドルパット大学リガ工科大学ライプツィヒ大学などで教鞭をとっていましたよ。また、オストヴァルトはノーベル化学賞も受賞しているのです。

また、オストヴァルトは家庭では5人の子供を授かっています。中でも長男のヴォルフガング・オストヴァルトは、父親の影響もあり学者になっていますよ。ヴォルフガング・オストヴァルトはコロイドの研究で成果を出していたようです。このように、オストヴァルトは公私ともに充実した人生を送ったのでした。

オストヴァルトの学問との出会い

続いて、オストヴァルトがどのような学問と出会い、どのような学びを得てきたのかについて考えてみましょう。オストヴァルトは幼少期から好奇心が旺盛で、大学入学前から様々な事柄を意欲的に学んでいました

そして、大学入学後は、当時のドイツ人化学者があまり焦点を当てていなかった物理化学について深く学び、有機化合物や酸塩基の反応などについての研究に取り組んだのです当時の流行りではなかった分野で結果を残していることがオストヴァルトの偉大さを表す1つの側面になっていますよね

\次のページで「オストヴァルトの主な功績」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: