平安時代日本史

女性に支えられた摂関政治の確立者「藤原道長」の知られざる激動の人生を元大学教員が5分で解説

よぉ、桜木建二だ。藤原道長は平安時代に摂関政治を確立させた大物貴族。966年に生まれ1027に亡くなった。平安時代の女流作家のパトロンとして、平安文学ブームを作り出した人物でもある。実際、道長とはどのような人物だったのか、多くのことは語られていない。しかし、彼の出世の道を見ていくと、たくさんの女性が関わっていることに気が付く。

そこで、教科書には出てこない藤原道長の知られざる人生と、その出世の秘訣について、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
hikosuke

ライター/ひこすけ

アメリカの歴史と文化を専門とする元大学教員。平安時代にも興味があり、気になることがあったら調べている。今回は藤原道長について、その人となりや人生について、少し変わった角度からまとめてみた。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

藤原道長の野心はどのように生まれたのか?

image by PIXTA / 45729795

藤原道長、ほとんどの人が知っている名前でしょう。女性なら紫式部、男性なら藤原道長と言ってもいいくらいの、平安時代を代表する有名人。道長と紫式部の関係は後ほど解説しますが、道長は三代にわたる天皇の外祖父(妻の父)として、摂関政治を完成させ、ゆるぎない権勢を築き上げた人物です。966年に生まれ1027に亡くなりましたが誕生日は不明。当時は誰も道長がそれほど権力を得るとは思っていません。そのため、記録が残っていなかったのです。

ID: ↑パーツ内本文:212文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

期待されていなかった五男の藤原道長

道長は、藤原兼家という権勢家の五男に生れました。当時は一夫多妻の時代。婚外子がゴロゴロいたため、正式に何番目なのかは不明です。母は藤原一門ではあるものの、ほとんど権勢のない一族の出の時姫。兼家の妻は大勢いますが、世間からは時姫が正妻と見なされていました。子どもは5人。長男道隆、次兄道兼、姉超子、次の姉詮子、そこに道長が加わりました。

5人が暮らしていたのは本邸。しかし、その外の京の町のあちこちには、互いに名前さえ知らない兄弟姉妹がたくさんいました。奈良時代までは戸籍が作られていましたが、この時期になると消滅。当時の貴族たちは、たくさんの別宅を持っており、合計何人の妻子がいるかさら把握していませんでした。

ID: ↑パーツ内本文:306文字

当時は夫婦別姓。当時は藤原姓が多かったので、どちらも「藤原」ということもあったが、姓としてはまったくの別物。読み方は長いあいだ音読みされてきましたが、最近の研究では訓読みのルビが振られることが増えてきています。ちなみに、日本で夫婦同姓が導入されたのは明治時代。明治31年に制定された民法にて「妻は婚姻によりて夫の家に入り」「その家の氏を称す」と定義。日本ではじめて夫婦同姓が導入されました。

ID: ↑パーツ内本文:195文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみに別邸にいた妻で有名なのが『蜻蛉日記』の作者である女性とその子の道綱だ。その女性の名前は不明で、今でも「蜻蛉日記の作者」あるいは「藤原道綱の母」と呼ばれている。だから、五番目の男の子の道長の存在感は大したものじゃなかったんだ。

ID: ↑パーツ内本文:116文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke