タンパク質と生物体の機能体の仕組み・器官理科生物

姿勢反射とは?仕組みや具体例、病気との関連について現役の研究者がわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。おっと!危ない…つまずいて転びそうになったぞ!転ばずにすんだのは「姿勢反射」のおかげだぞ。この記事では「姿勢反射」について、大学院で生物学や生理学について学び、人体の仕組みについて詳しいライターポスドクランナーと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
tmat13

ライター/ポスドクランナー

大学院で運動や生物学について学び、生理学に精通している。現在も研究者として活動を続ける傍ら、市民ランナーとしても多くのマラソン大会に出場している現役のランナー。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

姿勢反射はどんなもの?その仕組みとは?

image by iStockphoto

姿勢反射とは、姿勢を維持するために無意識に行われるコントロール機能のことです。バランスが崩れたときなどに無意識に姿勢を正したり、安定させようとしたりする必要があり、この不随意の反射機能のことをいいます。

姿勢反射は、感覚器(目、耳、鼻や皮膚での痛感など)に加えられた刺激に反応して、反射的に筋の緊張や収縮が起こり、これにより、身体の位置や姿勢、平衡を維持することができるのです。

実例としては、電車など乗り物内でよろけそうになった時に、無意識に倒れそうになる側の肢を踏みしめるとか、踏み出すなどしているかと思います。これが姿勢反射です。

ID: ↑パーツ内本文:270文字

姿勢反射はどこで制御される?

image by iStockphoto

姿勢反射は、延髄、脊髄、中脳が中枢となる場合が多数です。最新の研究では大脳皮質が関与する可能性も報告されています。

多くの反射は大脳皮質を介さないことで速く反応できるのが特徴です。反射を起こすための中枢である延髄、脊髄、中脳などは大脳皮質よりも前にあります。大脳皮質を中継しないので、短い経路で反応が起こすができ、より速く反応することができるのです。

姿勢反射以外に延髄は呼吸や消化、中脳は眼球運動や対光反射などの中枢として機能します。

ID: ↑パーツ内本文:220文字

姿勢反射はどのように分類される

姿勢反射は、体が静止している状態での起こる平衡反射と、運動している状態での起こる平衡性運動反射に分類できます

姿勢反射はさらに、機能の成り立ちからも分類することができ、その分類は局在性平衡反射、体節性平衡反射、汎在性平衡反射です。局在性平衡反射は、体の一部に現れる限局性の反応反射で、体節性平衡反射は1つの体節全体(例えば両足)に現れます。汎在性平衡反射は多くの体節に現れる反応です。

ID: ↑パーツ内本文:194文字

姿勢反射は乳児でも起こる?

姿勢反射は乳児でも起こる?

image by Study-Z編集部

姿勢反射は乳児でも認められます。一般的には生後6か月ころより現れ始めるので、姿勢反射があるかどうかは成長の指標になるのです。

乳児は姿勢反射のほかに「原始反射」という反射を持ちます。原始反射とは、お母さんのお腹に宿ってから生まれるもので、赤ちゃんがさまざまな刺激に無意識的に反応する反射動作のことです。姿勢反射と違って新生児期から認められますが、成長とともに反射能力が消失するので生後の一定期間しか認められない限定的な反応になります。 代表的なものでいうと、赤ちゃんの手に指で触れたとき、ぎゅっと握り返してくれるといった行動などです。

ID: ↑パーツ内本文:273文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

姿勢反射は姿勢を維持するために無意識に行われるコントロール機能のことなんだな。

接骨院や鍼灸院で柔整師・鍼灸師が施術に姿勢反射を取り入れることがあるがこれは姿勢を維持する機能を高めるためだぞ!

次では姿勢反射の具体例を見ていこう!

ID: ↑パーツ内本文:117文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
tmat13