暮らし雑学

3分でわかる普通席とグリーン席の違い!座席や設備・料金の違いなどを雑学好きライターが詳しく解説

よぉ、桜木建二だ。この記事では普通車とグリーン車の違いについてみていくぞ。どちらも新幹線に乗る際に選択して、料金は移動距離によって決める使うイメージがあるよな。違いはずばりゆったり過ごしたいかどうかのようだが、座席・設備・料金が違うなど調べてみるといろいろあるみたいだ。
今回はそんな新幹線の座席に欠かせない車両の違いを、定義から確認しつつ、雑学好きライターの熊家と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kuma55

ライター/熊家

現在ライターとして、さまざまな分野で活動している。文学や歴史などのジャンルが得意で、これまで多くの記事を執筆してきた。この経験を生かし文学や歴史、雑学などの知識を分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

ざっくり普通車とグリーン車の違いは?

image by iStockphoto

新幹線に乗車する際、普通車とグリーン車のどちらかを選択できます。グリーン車の方がゆったり座れて、料金が高いというイメージがありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。今回の記事では、双方の違いを紹介します。

ID: ↑パーツ内本文:109文字

普通車:シートがやや狭い

普通車はシートがやや狭いのが特徴です。窮屈とまではいきませんが、多くの乗客者が座れることを目的にした作りとなっています。そのため、特にサービスはなく、社内販売があるくらいです。乗客は、子連れ家族やグループなどさまざまなので、社内は少し賑やかな印象があります。

ID: ↑パーツ内本文:129文字

グリーン車:シートにゆとりがある

グリーン車は、シートにゆとりがあります。普通車と比較すると、座席数が少ないのが特徴です。また、座席の幅や肘掛部分が広いので、長時間の移動もゆったりと過ごせます。1人でゆったりと過ごされている方が多いので、社内は静かな印象です。

ID: ↑パーツ内本文:113文字

特徴1:座席の違いは?

image by iStockphoto

はじめに、普通車とグリーン車の違いをざっくり紹介します。グリーン車は普通車と比べて、ゆったり座れるというイメージがありますが、座席はどのような仕組みなのでしょうか。双方の座席の違いについて、詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

普通車:3列×2列

普通車の座席は3列×2列です。座席の配列は通路を挟み、2人掛けと3人掛けの5席が基本となります。満席の状態で、3人掛けの中央に座ると窮屈に感じるでしょう。空席の場合であれば、特に窮屈に感じることなく着席できます。

ID: ↑パーツ内本文:112文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
kuma55