資格・専門雑学

3分でわかる免許AT車とMT車の違い!メリット・デメリットや費用の違いなどを雑学好きライターが詳しくわかりやすく解説

MT車:ドライバー自身の操作で運転を楽しめる

MT車は、ドライバー自身の操作で運転を楽しめます。シフト操作が楽しく、車好きには嬉しい運転操作でしょう。アクセルを戻したときのレスポンスが早く、エンジンブレーキが効きやすいという特徴があります。また、MT車の免許を取得すると、AT車も運転可能です。

特徴2:デメリットは?

AT車とMT車のメリットが分かりました。しかし、メリットだけでどちらを取得するか、決めるのは不安かもしれません。この章では、双方のデメリットを紹介します。メリット・デメリットを知った上で、選択しましょう。

AT車:エンジンブレーキを活用しにくい

AT車はエンジンブレーキを、活用しにくいというデメリットがあります。アクセルを踏むだけで発進・加速するため、踏み間違えによる急発進が危険です。また、MT車よりもブレーキが利きづらく、坂道で停車できず事故に繋がる危険性もあります。

MT車:車の選択肢が少ない

MT車のデメリットは、選択肢が少ないということです。日本車のほとんどがAT車なので、必然的にMT車が少なくなります。他にも反復操作が手間に感じたり、足が疲れたりすることも、デメリットにあげられるでしょう。

特徴3:費用の違いは?

ここまでで、AT車とMT車のどちらの免許を取得するか、大体の予想がついたのではないでしょうか。ただし、費用の違いも知っておいた方が良いでしょう。この章では、双方の費用の違いを紹介します。費用の違いを知って、予算を準備しましょう。

AT車:約280,000円

AT車の免許取得の相場は約280,000円で、MT車より技能教習料金は安くなります。AT車の運転はMT車よりも簡単なので、教習時間が短くなるからです。また、AT車の免許は追加講習や再試験になる可能性が低いことも、料金の安さに繋がります。

\次のページで「MT車:約300,000円」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: